2017年09月05日

便秘対策

ちょっと、食事時間には話せない話題ですが...

実は、僕は男でありながら長年便秘に悩んでいます。

何しろ、ネットやテレビ番組、本で調べて「便秘解消法」の出来ることは、
随分と試しましたが、いまひとつスッキリと改善しません。

便秘薬や、サプリのような薬は使いたくないので、なんとかちょっとした
工夫と運動で出来ないものか、常にアンテナを高くして探していました。

便秘には食物繊維を摂れとか、乳酸菌などの摂取、便秘のツボ押し、運動や
ストレッチで腸の動きを改善など、いろいろ紹介されています。

特に、便秘対策としてよく聞くのが「ビフィズス菌」です。便秘は大腸に
原因があることが多いので、大腸で働くビフィズス菌がおすすめという
ことですが、簡単にビフィズス菌を摂取するには、ビフィズス菌の入った
ヨーグルトを食べるという宣伝をよく見ます。

しかし、どこかのサイトで読んだのですが、生きたままビフィズス菌を
大腸に届けるには、ビフィズス菌を殺してしまう胃酸というハードルが
あるということです。
しかも、ひとことでビフィズス菌といっても、人それぞれに合った
ビフィズス菌でないと、便秘解消とはならないらしいのです。

そのため、ビフィズス菌入りヨーグルトをせっせと食べても、便秘の
改善にならない人がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか...

そんなとき、ちょっと意外なタイトルの記事を目にしました。 それは...

『便秘になったらサラダを食べるな』というもの

これは、いままで僕が聞いてきた便秘対策とはまぎゃくの方法では
ありませんか?!

その記事の一部を抜粋して紹介しますと...

食物線維を多く含む野菜や根菜などは消化に時間がかかるため、便量を
増やし、便秘にいいとされています。
しかし、便が大量に溜まっている人が、さらに便のもとになる食物線維を
摂ると、腸管内にますます便が貯留して、苦しくなってしまいます。

消化吸収されない食物線維は、大腸まで到達すると、腸内細菌がこれを
発酵反応に利用し、ガスを産生します。
そのため、便秘で張っているお腹が、さらに張ってしまい、苦しくなる
ことが多いのです。

野菜は便秘の予防にはとても有用ですが、便が出なくてつらい人には、
逆効果となってしまいます。

サラダは便秘に有効な食材であることは間違いなさそうですが、それは
あくまで「便秘の予防」として有効なのです。

「お通じがないな」と自覚したら、まずは腸の中を空っぽにすることが
必要。

そして、お通じを改善したあとに、食物繊維を摂って便秘予防します。

では、大事な『お通じを改善する方法』とは...

「牛乳+はちみつ」を飲む。です

お腹をゴロゴロさせる『乳糖』と、腸内細菌を増やすプレバイオティクス
である『オリゴ糖』のダブル効果となり、腸内環境に働きかける
特製ドリンクなのです。

2〜3日、便が出なくてすっきりしないときは、試してみてください。

ということです。

確かに、これなら元々自分の大腸に生息する自分に合ったビフィズス菌を
増やすことになり、便秘改善に役立ちそうです。

早速に僕も試して見ました。ただ、僕の場合は野菜はたくさん食べ
ながら、特製ドリンクを毎日コップ一杯のみ続けました。

そして、その効果は、すでに1カ月以上経ちますが、確実に効果
が出ています。

少なくとも、僕には特製ドリンクが便秘改善に一番効果があるようです。




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】









posted by しんた at 16:22| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

侵略的外来種

最近、すこし鳴りを潜めていますが、日本には生息しない筈の「ヒアリ」の
ニュース。

ヒアリは、刺されると激しい痛みばかりか、時には命をも落とすといわれる、
危険生物であることは、すでに周知の通りです。

そして、ヒアリは国際自然保護連合(IUCN)の種の保全委員会が定めた
『世界の侵略的外来種ワースト100』の中にリストアップされています。

そこで『侵略的外来種』に注目してみました。

外来種とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって
他の地域から入ってきた生物です。

その中でも、その生物がその地域に入り分布拡大したことで、もともと
そこに生息していた在来種が絶滅の原因となり、とりわけ生態系や人間の
生活に大きな影響を及ぼすようなものを侵略的外来種と呼びます。

ここで、見方を変えれば日本では当たり前の生物も、外国では
『侵略的外来種』となる生物が、『世界の侵略的外来種ワースト100』の
中にリストアップされているのです。

その中でも、その名前を聞いて日本人が驚くのが、ワカメです。

味噌汁の具材としては定番のワカメですが、日本や朝鮮半島を除き、
そのほかの地域ではほとんど食されることがありません。
そして、天敵がいない環境下で一気に増殖したことから、単なる
害藻(がいそう)として扱われることになったのです。

このように、場所が変われば「味噌汁に好まれる食材」が、侵略的外来種に
なってしまうというのですね...

ここで、日本国外で外来種となる日本産の生物をいくつか紹介したいと
思います。生物名の後のカッコ内は大きな影響の出ている地域になります。

<動物・魚類・昆虫>
アカオビシマハゼ(オーストラリア)
カブトムシ(東南アジア、特に台湾)
キンギョ(アメリカ)
クロヨシノボリ(ペルシャ湾)
コイ(錦鯉)(北アメリカ)
ゴマダラカミキリ(北アメリカ)
スズキ(オーストラリア)
タヌキ(ヨーロッパ)
ナミアゲハ(ポリネシア、ハワイ諸島)
ニホンジカ(アメリカ、ヨーロッパ)
ヒトスジシマカ(北アメリカ)
ホソウミニナ(アメリカ)
マイマイガ(北アメリカ)
マハゼ(オーストラリア)
キヒトデ(オーストラリア)
マメコガネ(北アメリカ)

<植物・藻類>
アケビ(北アメリカ)
イシミカワ(北アメリカ)
イタドリ(ヨーロッパ、北アメリカ)
クズ(北アメリカ)
ススキ(南北アメリカ)
スイカズラ(北アメリカ)
ワカメ(ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリア)

あらためて、見てみるとワカメだけでなく、カブトムシ、キンギョ、錦鯉
など、日本人から見て意外なものがリストアップされています。

最近のニュースで、地球温暖化の影響で日本産外来種マメコガネが、
いままでイタリア北部までだった生息域がスイスでの侵入を初確認したとの
記事を読みました。

日本で当たり前の生物、役にたつ生物も、所変ればではないですが、
地域によっては迷惑な生物もいるということですね。





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】


posted by しんた at 07:28| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

たった一文字違い

今回は、『たった一文字違いで伝わるニュアンスが違う』という話題です。

僕も経験がありますが、例えば「何を食べたい?」と聞かれたとき、
「○○でいい...」と答えたとき、それは「○○がいい...」でしょう?
と...「で」と「が」を直されたことがあります。

お分かりだと思いますが、「で」と「が」の一文字が違うだけで、
そのニュアンスが違います。

「で」の場合は、○○以外にもっと食べたいものがあるけど、妥協して
○○にした... 「が」は、○○を食べたいという感じです。

こうした、『たった一文字違いで伝わるニアンスが違う』という話題が、
あるサイトに紹介されていました。

ひとつは、飛行機でのCAによる機内アナウンスです。

CAが、機内で「みなさま、本日は、ご搭乗いただき、ありがとうございます。
この飛行機は○○○便、□□行きです」とアナウンスしたところ、乗客から
クレームがあったそうです。

いったいどこが問題なのか?... その乗客の言い分は、「『本日は』という
表現は、おかしい」という指摘です。「自分は何度も何度も搭乗している
のだから、『本日は』ではなく、『本日も』が正しいのではないか」と
いうのです。

その後、その飛行機会社は『は』を『も』に変更したとのことです。
 
僕の感覚からすれば、その乗客は幾分クレーマではないかと思うのですが、
おそらくその乗客は自分が軽んじられていると思われたのでしょう。
たった「も」と「は」の1文字の違いが、クレームにつながったという
本当にあった話のようです。

次は、タクシーでの話。

タクシードライバーが客の行き先を復唱するとき、「疑問形」を使うと、
クレームにつながることがあるそうです。 
例えば、客が「○○までお願いします」と言ったとき、「○○ですか?」
と聞き直してはいけません。「なんだ、近すぎるから○○に行っては
いけないのか?」と非難されていると受け取る人が、いるのです。
「○○ですか?」ではなく、「○○です『ね』」と断定的に復唱する。
語尾の違いだけですが、「か?」の1文字で、客を不愉快にさせてしまう
ことがあるというお話です。

このように、
『たった一文字違いで伝わるニアンスが違う』代表的なものには

・「〜は」と「〜が」と「〜も」
・「〜か」と「〜ね」

があります。 

「〜は」と「〜が」と「〜も」の例でいうと、「ディズニーランドは大好き」
「ディズニーランドが大好き」「ディズニーランドも大好き」といった感じ
です。ディズニーランドが他のものに比べて、どのくらい好きなのかの
程度が違ってきます。

また、「〜か」と「〜ね」は「ディズニーランドが大好きなんですか?」
「ディズニーランドが大好きなんですね?」と、相手の話をきちんと聞いて
いますよというサインとして、オーム返しをする場合があります。

では、何が違うのか?

「ディズニーランドに行ったんですか?」というと、相手の言葉を受けた
にも関わらず、相手に質問を投げ返しています。
話し手は自分の話を聞いてもらっているという感じが少ないのです。

一方、「ディズニーランドに行ったんですね?」は、相手の話をしっかりと
受け止めた感じがします。

すなわち、あなたの話をしっかりと聞いていますよ、というメッセージが
暗黙のうちに伝わります。


最後にあるサイトに、面白い説明がありましたので紹介したいと思います。

「『が』は接着剤、『は』は切り離す」という説明です。

例えば、「本を読むことが好きです」と「本を読むことは好きです」の文、
なんとなくそのニュアンスの違いがわかると思います。

『が』を使っている文章の方が「読書が好き」という思いが伝わって
きます。一方で『は』を使っている文章だと、「趣味の中の1つとして
読書が好き」という意味合いになります。

このように、『が』は自分の好きなこと、能力や希望を示します。
『は』物事を比較・区別する場合に使用します。

今回は、国語の勉強会のようになってしまいましたが、たった一文字でも
ニュアンスが違ってくるということを、頭の片隅に残して会話をすると
良いかもしれませんね...




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】




posted by しんた at 08:55| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

調味料の雑学

今回は、料理にかかせない調味料の雑学です。

料理でよく言われる“さしすせそ”...

ご存知だと思いますが、料理の時、調味料を入れる順番のことで、

1.さ=砂糖
2.し=塩
3.す=酢
4.せ=せうゆ(昔の表記で“しょうゆ”)
5.そ=みそ

ですね。

この“さしすせそ”には入っていないのですが、料理を美味しく仕上げるのに
大きな効果を出す調味料として、酒、料理酒、みりん、みりん風調味料が
あります。

ところで、酒、料理酒、みりん、みりん風調味料の違いって分かりますか?
なんとなく分かるような、でも上手く説明できない...ってところではない
でしょうか?

まず、酒と料理酒の違い...

市販されている料理酒については、酒としての飲用を避けるため、
多くの場合2%程度の塩が加えられています。それは、塩を加えて
飲めないようにして酒税のかからない食品にしているのです。

ただ、無塩タイプの料理酒も販売されていますが、ラベルに“料理酒”や
“醸造調味料”と書かれていたら塩が入っていると思ってください。
よって、料理酒を使う場合は、塩分が含まれていることを考え、塩や醤油の
量を調整します。

料理酒は料理にコクや旨味を加えるため、米の外側部分も使っているため、
料理をおいしくするうまみ成分や有機酸などの成分を豊富に含み、酸味や
雑味がそのまま残っています。

一方清酒(日本酒)は米、麹、水が主な原料で、原料の米を削り、真ん中の
部分のみを使って、飲用を目的に余分な酸味・雑味をおさえて作られます。
飲用の清酒でおさえた雑味の中には、調理には有効なうまみ成分も
多く含まれているため、料理酒のほうがコクやうまみが強い場合もあります。

次に、本みりん(みりん)とみりん風調味料の違い...

本みりんはもち米、米麹、焼酎または醸造用アルコールが原料で、醸造して
甘みを出しています。
本みりんは、米の甘みを残したまま醸造した“酒”で、アルコール度数も
清酒並みです。
一方、みりん風調味料はアルコールをほとんど含まず、水あめに調味料を
加えてみりんのような味に仕上げている調味料のため、酒税がかかりません。


次に、『サラダ油の「サラダ」って何?』... 考えたことありますか?

「サラダ」といえば、生野菜を思い浮かべますが、サラダ油と生野菜は
なんとなく結びつきません・・・

食用油の大手メーカー、日清オイリオのホームページによると、
サラダ油とは、日清オイリオが開発した食用油の商品名として
名付けられたそうです。

最初に開発されたのは大正13年。当時、日本では、食用油といえば、
揚げ物などに利用するのが普通でしたが、西洋では塩や酢を加え、
ドレッシングのようにして生野菜にかけて食べていました。
そこで、火を加えなくても生でも食べられる食用油に「サラダ油」と
つけたそうです。

サラダ油は、今でも揚げ物や炒め物に利用することが多いですが、
実は生で食べられる油だったのですね...

そして、サラダ油を名乗るには日本農林規格(JAS)に認定されなければ
なりません。
油菜、ひまわり、トウモロコシなどの定められた材料を、JASに認定された
工場で作り、低温で放置しても凝固や白濁などをしない...などの規定を
クリアして、はじめて「サラダ油」を名乗ることができるのです。

結構、厳しいですね...




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】


posted by しんた at 08:05| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

損失余命

皆さんは「損失余命(そんしつよめい)」という言葉...知っていますか?

ネットで調べると、『食事や行動などにどれだけのリスクがあるかを寿命の
減少で示したもの。』とあります。

略称は“LLE”( Lost Life Expectancy )で、対象は摂取物の他にも低体重、
運動不足、大気汚染、ストレス、幼児虐待など多岐にわたるそうです。

その中で、今回は摂取物、食べ物を対象にしたいと思います。

健康リスクのある食べ物として、まず思い出すのは、福島原発事故で
農作物や魚介類、家畜、飲料水などが放射能で汚染され、それにより
食品のセシウム汚染などを多くの家庭が気にしました。

あの事故から、およそ6年半過ぎた今も、いまだに食品の安全性に懸念を
抱いている人がいるなど、そのイメージダウンは国内外で大きなものです。

今回の対象は、そうした何らかの事故によって汚染された食品ではなく、
普段から当たり前のように安心して口にしている食べ物の中に、
その摂取量によって自らの寿命を縮める食べ物があるというので、
それらを紹介します。

それでは、損失余命がある食事や食材、食べ物、飲み物、煙草などを
まとめたサイトがありましたので、その内容をベースに紹介したいと
思います。

まず、健康に良くない事でよく知られているものとしては、タバコが
あげられます。

タバコに含まれる発がん性物質によって寿命が縮まるということは
ご存知だと思いますが、これは【タバコ1本の損失余命は12分】と
いうことです。
もう少し具体的にイメージすると、喫煙者が1日に2箱40本吸うと考えると
40本×損失余命12分=480分(8時間)という計算になり、タバコ2箱
吸う人は損失余命が1日で8時間となるのです。

まあ、そうかな?... とも思えるのがコーヒーです。
理由は、カフェインが膀胱がんの発生率を高めたり、昔からコーヒーは
胃が荒れるといわれている点から損失余命が算出され、
【コーヒー1杯の損失余命は20秒】です。

ただ、コーヒ好きな僕は『コーヒーの1日に3〜4杯飲む人のほうが心筋梗塞、
脳卒中、呼吸器の病気による死亡リスクが低下する』という研究結果も
出ていますので、どうなんだろう... って感じです。

最近のニュースで、WHO(世界保健機関)が『加工肉や赤身肉には発がん性
がある』と発表したのをご存知かもしれませんが、【ソーセージ1本で
損失余命が25秒】です。

ソーセージ以外にも「ロースハム1枚で19秒の損失余命、ジャンボフランク
フルト1本で1分14秒の損失余命」なども公表されています。

このように、加工肉をたくさん食べている人は、大腸がんの発生率が
高くなると言われています。

そして、ちょっと驚きなのが【ひじきの煮物の損失余命が58分】でした。

日本の伝統的な食材で、鉄分、カルシウム、食物繊維などが豊富で、
どちらかといえば健康によいイメージがあるひじきですが、
小鉢に入ったひじき1人前の損失余命が58分と単位が秒どころか1時間近くと
なっていることは、あのタバコの損失余命の12分と比べても驚きです。

理由は、ひじきは無機ヒ素の濃度が非常に高いためとされています。

実際、2004年7月英国食品規格庁より、ひじきは健康を害するため
食べない方がよいとの勧告が出されています。

そして、日本人の主食であるご飯も【白米お茶碗1杯の損失余命は39秒】
で、損失余命の原因は土壌の無機ヒ素を吸い上げてしまう性質による
ものだそうですが、ほぼ毎日食べるものだけに気になります。

そして、ミネラルウォーターも...
【ミネラルウォーターの損失余命、軟水1リットルで59秒、硬水はそれ以上】
ミネラルウォーターには放射性物質のラジウムも含まれる場合があるので
損失余命が増えるとの事です。
水道水より安全だと思っていたのに、これは意外です。

こうして見て行くと、日常食べている食材に損失余命があり、神経質に
考えれば、もう食べるものがない!ということになります。

ところで、損失余命って? 今更ですがもう一度調べて見ると・・・

損失余命は、メリットは無視してデメリットだけで算出し それを食べたら
寿命はどれほど縮むかを見たものです。

数値はリスク面のみを積み上げて算出され、プラスに寄与する要素を
考慮していません。そもそも人間は何も食べずには生きられません。

多くの食べ物に何らかのデメリットとメリットがあるわけで、
損失余命は“食べてはダメ”という短絡的な指標ではないのです。

このように、損失余命はリスク面のみの数字だけを加算して出して
いる為に、その食事の食材に関してのプラス面の良い点は加味されて
いません。

よって、食べ物によってはリスク面よりも栄養面などのプラス面の方
が多い場合もあり、それにより余命はプラスマイナスでプラスになる
場合もあります。

要は、損失余命だけを気にせず、摂らないことのデメリットも考えて
バランスよく食事を楽しむことだと、結論付けたいと思います。

そして、危険であれば日本の場合、厚生労働省などの政府機関から
国民に向けそれなりの警告や指導が出ると思います。

なお、損失余命の数値は特定の団体などがまとめて発表しているもので
はなく、WHO(世界保健機関)を始め各国の医療機関・団体などでリスク
指標の一つとして使用されています。





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】





posted by しんた at 10:25| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

ごえん...

僕は食事中などに、食べ物や水が誤って気管支に入ってしまい、咳き込んだり
することがあります。

この、誤って気管支に入れてしまうことを「誤嚥(ごえん)」ということを
最近になって知りました。

この言葉を知ったのは、テレビ番組がきっかけだと思いますが、「誤嚥」と
いう言葉が最近、頻繁に使われだしたのか?、または自分が意識しだした
のか? は、定かではありませんが、自分も含めて誤嚥する人が増えてきた
ことが理由ではないかと思いのです。

誤嚥は、本来なら口腔から咽頭、そして食道を通って胃に送られるべき
食べ物が、誤って喉頭と気管に入ってしまう症状で、加齢とともに
嚥下機能が低下することが原因のひとつということで、高齢者社会に
なればなるほど、こうした話題が増えてくるのは必然なのかもしれません。

そして、誤嚥の怖いことは、誤嚥したときに苦しいだけでなく、最悪の場合
肺炎の原因にもなるのです。
とくに誤嚥によって、高齢者や体力が落ちている人、赤ちゃんなどは
吐き出す力が弱い為に気管に入ってしまい、肺炎の原因になる可能性が
あるのです。

皆さんも、落語界の大御所、桂歌丸師匠(80)が誤嚥による肺炎のため
病院に入院したというニュースをご存知の方も多いと思います。

齢を重ねるにつれて起こりやすくなる誤嚥、少しでも誤嚥を回避することは
出来ないのでしょうか...

少し前になりますが、ある新聞記事に「誤嚥性肺炎の予防策」という、
特集が掲載されていました。

それによると、食べ物がのどを通過するとき、喉頭挙上筋群と呼ばれる筋肉
が、のど仏を引き上げることによって、気管と食道の分岐点にある喉頭蓋が
0.8秒という速さで気管に蓋をして、食べ物が気管から肺に入り込むことを
防いでいます。

この気管に蓋をする動作が、高齢になると喉頭挙上筋群や反射の衰えに
よって上がりが悪くなりタイミングがずれることによって、食べ物が気管に
入ってしまいます。

さらに、寝ている間にも唾液を誤って気管にいれてしまう恐れもあります。
高齢者は咳をする力も弱く、口の中の菌が肺炎の原因になることがあります。

そうしたことから、「食べるときは集中して」「のみ込む動きを意識し」
そして、「寝る前の歯磨きを念入りに」することが大切となります。

そして、『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』(飛鳥新社)の著者
西山耳鼻咽喉科医院院長・西山耕一郎氏は「のみ込み力をつける基礎運動」
を続けることが進めています。

その運動は...

・嚥下おでこ体操:おでこに手のひら下部分(手根部)を押し当てて、
         へそをのぞき込むように頭を下げながらのどに力を入れる
         毎食前、1秒ごと5回力を入れる。そして、次に5秒間キープ。

・顎持ち上げ体操:顎の先を両親指で押しながら顎を引く
         毎食前10回、1回当たり5秒間キープ。

※ のど仏の周辺に力が入っているのを確認しながら行うのがポイント。


これ以外にも、いろいろな体操がネットで紹介されていました。

・つま先を見る:仰向けに寝た状態で、頭を上げてつま先を見る。

・アイウベ体操:1.口を大きく開いて「あ〜」と言う
        2.口を大きく横に広げて「い〜」と言う
        3.口をすぼめて前に突き出すように「う〜」と言う
        4.舌を突き出して下に延ばし「べ〜」と言う

・舌鳴らし:1.ベロの表面全体を上あごにできるだけくっつける
      2.舌を上あごにくっつけ、舌打ちをするように音を出しながら
       口を開く
      1セット10回として朝昼晩3回行う。

以上ですが、まだ誤嚥予防の体操があるかもしれませんが、この辺で
おしまいとします。なお、カラオケも誤嚥予防に良いそうですよ!





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】


posted by しんた at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

「土用の丑の日」は、7月25日

こちら関東は、梅雨らしい日がなく梅雨明け、連日暑い日が続いています。
日中の灼熱の暑さと寝苦しい熱帯夜は、例年になく身体に堪えますが、
それでも豪雨災害で辛い生活を余儀なくされている被災者の方に比べれば、
贅沢はいえないと思っています。

さて、この暑い時期になると必ず話題となるのが「うなぎ」... 
「土用の丑の日」にウナギを食べるという習慣です。

今年2017年の「土用の丑の日」は、7月25日(火)と8月6日(日)の
2回あります。去年は、1回しかありませんでしたが、今年は2回です。

ところで、「土用の丑の日」って何だかご存知ですか? 知っている方も
多いと思いますが、一応オサライします。

「土用の丑の日」は、「土用」+「丑の日」ということで、2つの暦が
合わさった日です。

土用とは、五行思想に由来する暦の雑節で、立春、立夏、立秋、立冬より
前の約18日間のことです。

例えば、今年は8月7日が立秋ですから、7月19日から8月6日の19日間が
夏土用となります。

続いて、丑の日ですが...子・丑・寅 〜 という、十二支の中で第2番目に
数えられる干支の「丑」になります。

この干支も暦に使われ、十二支なので12日周期で繰り返されます。

つまり、「土用の丑の日」は、土用の期間におとずれる丑の日をさします。

ですから、当然「土用の丑の日」は夏だけでなく、冬にも春にも秋にも
あるのです。

では、何故ウナギを食べるのは夏の「土用の丑の日」だけなのか?

それには、有名な話があります...

夏の土用の丑にウナギを食べる習慣は18世紀の知識人、平賀源内の発案と
いわれています。

元来、天然のウナギは冬眠に向けて餌を食べ込む秋がもっとも太り、旬を
迎えます。

養殖物がなかった江戸時代、ウナギ屋の主人から売り上げが細る夏の対策を
相談された平賀源内は、「丑の日に『う』の字が附く物(うどん、梅干、
瓜など)を食べると縁起がいいと」という民間伝承からヒントを得て、
夏の土用の丑に、『う』の付くウナギを食べるのが夏バテ対策になると
売り込むように助言し、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを
ウナギ屋に勧めました。

すると、そのウナギ屋は大繁盛!

それを見た他のウナギ屋も真似をして、夏の土用の丑の日にウナギを
食べることが定着したのでした。

このことから、平賀源内は日本初のコピーライターとも言われています。

ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な
成分が多く含まれていますので、夏バテ防止にはピッタリの食材といえます。

日本の代表する夏場の食べ物としてウナギは外せませんが、最近は
日本以外の国々での消費も増えており、特に日本では一般に「うなぎ」
と呼ぶニホンウナギにおいては、国際自然保護連合(IUCN)により、
2014年から絶滅危惧種(EN)に指定され、庶民の口から遠ざかっています。

そんな庶民の救世主として登場してきたのが、ウナギの代替魚です。

代替魚として、まず思い浮かべるのがその姿形が似ているのが「穴子」
です。しかし、これはウナギと並んで別の食べ物としてのイメージが
強く、やはり穴子は穴子という位置付けかもしれません。

従来の料理方法を変えて、だいぶウナギの蒲焼に似せられるのが
「サンマ」です。しかし、サンマも最近は中国や台湾の乱獲によって
漁獲量が減り、値段も上がってきています。

そして、近年話題となっているのが「ナマズ」。近畿大学が、養殖で
ウナギ味のナマズを開発して有名になりました。
残念ながら、僕はまだ食べていないのでコメントできませんが、かなり
期待できそうです。

また、「いわし」でも、ウナギの蒲焼に似せたものが作れるようです。

そして、今回テレビで話題となっているのが「パンガシウス」という
聞き慣れない名前の淡水魚。ベトナム・カンボジア・タイの一般家庭で
よく食べられている代表的な白身魚だそうです。

この「パンガシウス」を、ウナギの蒲焼風にして、土用の丑の日に
あわせて売り出したのが、大手スーパーのイオンです。
そして、なんといってもその魅力はお値段。ウナギの蒲焼きと比べて
半額以下で購入する事ができます。

そして、もうひとつが東南アジアに生息する「ビカーラ種」と呼ばれる
ウナギで国産ウナギの半額です。
これも、ニホンウナギのピンチヒッターとして、期待されています。

最後に日本で流通している主なウナギをまとめると、ニホンウナギ、
ヨーロッパウナギ、ビカーラ、ロストラータ、タスマニアウナギなど
があります。

さて、皆さんは今年の土用の丑の日、どのウナギ蒲焼を食べますか?




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】





posted by しんた at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

アジア送電網計画

何かにつけて意外なビジネス展開でニュースになるソフトバンクですが、
先日、ソフトバンクが20年開始目標のアジア送電網計画を本格化したという
記事を新聞で読みました。

その記事によると、モンゴル南部の南ゴビ砂漠で風力と太陽光で発電した電力
を、中国、韓国、ロシアを経由して日本海を越えて日本まで運ぶという
壮大な計画です。

凡人の僕は、考えたこともない途轍もない発想と、その実行力に驚くばかり
です。

まだ、国内の受け入れ体制などに課題も多いと思いますが、送電線を敷く
海底の調査などを今年度中に終わらせ、早ければ2020年の送電開始を目指す
と、着々と計画を推進しているようです。

僕にとっては、降って湧いたようなこのニュース... 調べて見ると、
過去に何度か、今回の記事に関連するニュースがひっそりと記事になって
いました。

例えば、2012年10月24日の記事では...

ソフトバンクはモンゴルで風力発電事業を始める。同国政府から南部の
砂漠にある遊休地の賃借権を取得した。
面積は東京都全体に匹敵する約2200平方キロメートル。
2014年中にも出力30万キロワットの発電所を稼働させる。
総工費は500億円程度の見込み。現地電力会社に売電し、将来はロシアなど
近隣国への電力輸出も検討する。

2016年7月20日...

ソフトバンクグループは7月19日、韓国電力公社(KEPCO)、モンゴルの投資
会社Newcom LLC(ウランバートル市)と、モンゴル国内における再生可能
エネルギー開発と投資を目的とした覚書を、ウランバートル市で締結したと
発表した。

今回締結した覚書に基づき、ソフトバンクグループはKEPCO、Newcomと協力し、
モンゴルにおいて太陽光発電と風力発電を中心とした再エネ事業に取り組み、
アジアにおける再エネの普及を加速するとしている。

また、KEPCOに加え、中国国家電網、ロシア・グリッド(ROSSETI)と
電力系統網の国際連系を推進するための調査、企画立案を目的とした覚書を
今年3月30日に締結していた。モンゴル、インドでの再エネ開発と並行して、
中国、ロシアを経由した広域連系の可能性を探っている。

このように、数年前より着実に計画を推進していたのが見て取れます。

そもそも、この構想のきっかけとなったのが、2011年3月11日に発生した
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)によって引き起こされた
福島第一原子力発電所事故と、それに伴う電力不足でした。

そして同年9月に、原発に頼らずに電力の安定供給を実現するため、
太陽光や風力などで生み出した電力を、アジア全域に張り巡らせた送電網で
各国に供給する「アジアスーパーグリッド(大送電網)構想」を孫正義社長が
提唱したのです。

現在、中韓とロシアをそれぞれ経由する2ルートの予備調査を終え、今年4月に
海底調査に着手。

ソフトバンクによれば、モンゴルの潜在的な発電能力は風力と太陽光で
年間約13兆キロワット時に及ぶといいます。これは、日本の総需要の13倍に
あたり、アジア全域の電力需要を賄えると見ています。
まずはモンゴルから日本や中韓、ロシアへの送電を目指し、将来的には
電力需要が伸びているアジア各地へ輸出することも視野に入れていると
いいます。

このように見ると、この壮大な計画は、原発の縮小、電力の低価格化など
良いこと尽くめのような感じですが... 僕は、どこか不安が残るのです。

電気、ガス、水道といった、我々の生活に欠かせないインフラを、自給でなく
海外からの輸入に頼るという点です。

仮に、モンゴルで発電した電気が格安で、日本国内のほとんどがモンゴル
電気に頼る生活になってしまったとき、そのモンゴル電気が何らかの理由で
止まってしまったら... それは、まさに国家の危機になります。

そして、モンゴル電気を送るための場所を提供している中国、韓国、ロシアの
ご機嫌を見ながら、日本政府は外交政策をとらざるを得なくなるのです。
要は、他国に日本の弱みを与えることになるのです。

実際、ロシアは天然ガスをEUをはじめとして各国に輸出していますが、とくに
EUはロシアのガスへの依存度が高く、外交上の不都合もあり、その輸入依存
からの脱却を試みていますが、なかなか抜け出せないでいます。

以前、ソフトバンクが0円でインターネットが使えるとかケータイが持てる
といった、身銭を切っても先ずは使わせる、そして止められなくなる手法が、
今回のモンゴル電気でも見え隠れするのです。

消費者にとっては、安く電気を使えるのは嬉しいことですが、日本政府は
そのリスク回避もしっかりと対策をとってもらいたいと思います。

そして、自然エネルギーは風力や太陽光ばかりではありません。

最近のニュースで、海流エネルギーを利用して発電する新たな再生可能
エネルギー技術である水中浮遊式海流発電システムをIHI横浜事業所で
完成させたと報道されています。
2017年8月中旬より、鹿児島県十島村口之島沖の黒潮海域で、実際に
海流を利用した100kW規模の海洋発電を行う予定といいます。

このように、日本国内だけでも、太陽光や風力はもちろん、地熱、海流、
バイオマスなど、いろいろな自然エネルギーが豊富にあるので、国内での
実用化を推進することを僕は提案します。




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】




posted by しんた at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

蚊の季節

この時期になると、僕が悩ましく感じるのが「蚊」。

朝、庭に出て水を蒔こうと出たとたん、待っていましたかのごとく、蚊が
自分の周りにまとわりついてきます。

そして、いつの間にか刺された後の痒みはとても堪らないものです。

その上、以前ニュースになった、蚊が媒介する「デング熱」や「ジカ熱」など
の恐ろしい感染症も不安です。

なんの根拠もないのですが、自分は人より蚊に刺されるような気がして
なりません...

今回は、『蚊に刺されやすい人』を紹介したサイトがありましたので、
どんな人が蚊に刺されやすいのか? 自分と比較して紹介したいと思います。

まず、「O型は蚊に刺されやすい」そうです。ある研究所のデータでは、
蚊に刺される頻度がO型で83.3%、A型で46.5%と、O型の血液型の人が
刺されやすいそうです。そして、蚊の腸内の吸った血液型を調べるとO型、
B型、AB型、A型の順に多いそうです。

僕は、このデータからするとO型でないので、それほど蚊に好まれる血液型
ではありません。

次に「肥満は蚊に刺されやすい」です。その理由は肥満の方は体表面積が広く、
その分蚊に刺される範囲も広いということなので、確率的に刺されやすいと
言うことですが... どうなんでしょうか? 

因みに、僕は痩せ型なので、この条件の当てはまりません。

また、「妊婦は蚊に刺されやすい」そうです。その理由が「肥満の方と同じく、
妊婦も体表面積が広くなるため」ですが、なんだか違うような気がします。

別の理由として、「妊娠後期では肺がお腹で圧迫され、呼吸数が多くなり、
その分二酸化炭素を発しやすくなることも挙げられています。また、体温も
高めであり、そのことでも蚊を引きつけてしまいます。」と、こちらの
理由の方が納得できます。

なお、僕は男ですので、これも僕が蚊に刺されやすい理由になりません。
また、子どもは体温が高く、代謝がさかんで、そして汗をかきやすいことから、
蚊を引きつけてしまい「子どもは刺されやすい」のです。

これも、僕は当てはまりません。

続いて「アルコールを飲むと刺されやすい...」は、皆さんも一度は聞いた
ことがあると思いますが、飲酒することで、皮膚の血管が拡張します。
すると、体温が上昇しますので、蚊を引きつけてしまいます。
また、汗をかくことでさらに引きつけてしまいます。

僕は確かにお酒が好きですが、さすがに朝庭に水を撒くときはお酒は
飲んでいません。

「黒い服を着ていると刺されやすい」といわれます。イエカは、夜行性の
ため、暗い色を好むと言われています。そのため、黒い服は蚊を引きつけて
しまう可能性があります。

ただ、僕は日によって着る服の色は色々ですが、蚊に刺される度合いは
変らないと思います。

黒い服と同じように「日焼けしている人は刺されやすい」そうです。
蚊は、白と黒の色を感知し、黒色を好むと言われています。そのため、
日焼けしている人に蚊を引きつけてしまう可能性があります。

僕はそれほど日焼けしておりません。

「運動している人は刺されやすい」そうです。運動していると汗をかきます。
汗が蚊を引き寄せ、運動によって、二酸化炭素の排出も増えますので、
より蚊を引き寄せることになります。

僕は、朝起きてすぐに庭にでるので、運動はしておりません。汗もかいて
いません。

このように、いろいろな蚊に刺されやすい条件がありますが、僕が蚊に
刺されやすい理由が見つけられませんでした。

一応、いままで紹介した「蚊に刺されやすい条件」をまとめてみると、
蚊に刺されやすくなる主な要素は、汗・体温が高い・体表面積が広い・
黒色の4点にまとめられます。

僕は、あまり条件に当てはまりませんが、蚊に刺されるのは事実です。

別の観点からみると、蚊にさされないためには、身の回りの蚊を減らす
ことが一番の対策だと思います。ひとことで言えば、ボウフラを発生
させないことです。
植木鉢や、空き缶などに雨水などが溜まっているだけでも、ボウフラが
発生します。そうしたボウフラが湧きやすい環境を無くことです。

それでも、完全に蚊を撲滅することは不可能ですので、屋内であれば
蚊の侵入を防ぐために、網戸に虫よけスプレーをかけます。
もちろん、屋外に出る時にも蚊に刺されないように、虫よけスプレーを
します。

殺虫剤の大手メーカであるアース製薬は、蚊の繁殖が活発な時期に
「蚊」から身を守る正しい知識と刺される前にできる対処法について
紹介しています。

その概要を紹介しますと...

蚊は人間の発する二酸化炭素や体臭、温度を感知して近寄ってきます。
その対策として、人間の体臭や温度を感知する蚊の感覚器を麻痺させる
成分「ディート」を人間が塗ると、蚊は人間が近くにいることを
認識できなくなります。

世界中で発売されている虫除け剤のおよそ9割には、ディートが含まれて
います。

人間の肌に塗布し、蚊にさされなくする有効成分は「ディート」と
「イカリジン」の2種類しかありません。

一方で、天然ハーブやアロマ由来など天然成分を使った虫よけスプレーが
ありますが、それらの虫よけは虫の嫌いな香りをまとっているだけで、
人間の肌に直接使用するものでなく、蚊を忌避するとは言えません。

アース製薬の担当によると、虫刺され対策としては、夏場は汗で
虫よけ剤が肌に残りにくくなるため、「虫よけ剤はこまめに塗り直す」
ことが大切としています。
また、女性は、メイクと日焼け止めを塗り終わったあとに、まんべんなく
虫よけ剤を振りかけるとよいそうです。

特にスプレータイプはムラになりやすいため、スプレー後に手で塗り広げる
ことが大切で、顔周りや首元は塗るのを忘れがちな部分ですが、足や腕と
比べると温度が高く、蚊が感知する人間のニオイが強く出ている箇所で
あるため、しっかり塗ったほうがよいとのことです。

そして、虫よけ剤を使うほかにも、こまめに汗を拭いたり、
明るい系統の服を選んだりするなどの工夫で、より蚊を遠ざける
ことができるそうです。

今年こそ、痒い思いをしないで、この夏を乗り切りたいですね ...





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】






posted by しんた at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

僕の日本語レベル

この齢になって、聞きなれないコトバを耳にすることが増えたような気が
します。

特に、難しいコトバが多いです。

そう感じるのは、僕だけの思い過ごしかもしれませんが...

特に、こうした効きなれない難しい言葉をよく発するのが、政治家に多い
ような気がします。

最近、思い出すコトバとしては...

確か「森友学園問題」で、安倍総理が発した「そんたく(忖度)」という
言葉。
いまでこそ、『他人の心をおしはかること。』という意味もわかりますが、
最初に聞いた当時は、漢字はもちろん全く理解できないコトバでした。

今では、漢字もスラスラと書けるほど、自分の頭の中に刻み付けられて
います。

続いて、「えずく」というコトバ。 もしかしたら、いまだに知らない方も
多いかもしれません。

「えずく」は、政治家の発した言葉でありませんし、テレビでも取り
上げられていないかもしれない、注目度の低いコトバです。

僕が「えずく」を知ったきっかけは、ネットサーフィン中、某ネット記事に
「内視鏡にえずく研修用ロボ」というタイトルを見たときです。
その記事の引用先は読売新聞の記事(2017年06月23日 10時21分)の
ようです。

さて、肝心の「えずく」の意味ですが、『吐き気をもよおす。また、へどを
吐く。』とあり、あまりキレイなコトバではありますが、確かにこうした
動作を一言で言い表す言葉って思いつきません。

気になるので、調べてみると本来は「ゑづく」と書く様で、ネットでは
『「えずく」は方言ではないか?』という質問も出ているようで、あまり
今の世の中で使われていない言葉のようです。

そして、最後に思い出したコトバが「ぎょうこう(僥倖)」です。
この難しい言葉を使ったのが、いまや時の人の中学生、藤井四段で、
会見の中で使った、難しい言葉です。

「僥倖」は、20連勝した6月2日の会見で『僥倖としか言いようがない』
と、あどけない表情からは想像もできないような難しいコトバが彼の
口から出ています。

「僥倖」の意味は、『思いがけない幸い。偶然に得る幸運。』という
意味ですが、恥ずかしながら僕はこの時まで知らないコトバでした。

彼は「僥倖」以外にも、11連勝のとき「望外」というコトバを使い...
『実力からすると、望外の結果』と感想を述べています。

ちなみに「望外」は、『望んでいる以上によいこと。』の意味です。

孫と言ってもおかしくない藤井四段と自分とを比べて、将棋力は口に
出すのも恥ずかしく、語彙力も天と地ほどの差があって、なんだか
もう笑うしかありません。

自分としては、今後も難しいコトバを使わないとしても、せめて少しは、
その意味が理解できる程度には、勉強しなければ... と思うこの頃です。

参考までに、『使いこなせるとカッコイイ!日本語のちょっと難しい
言葉と意味 』( https://matome.naver.jp/odai/2135060817526205801
を紹介しておきます。






【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】


posted by しんた at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする