2010年04月12日

あの時、知っていれば…

ちょうど1ヶ月前、従妹の結婚式に行ってきました。

みんな思い思いに、花嫁、花婿の晴れ姿をデジカメで写真を撮っては楽しんでいました。

僕も、いろいろ撮った写真を従妹にメールで送ってあげたのです。

そして、先日従妹の新居にお邪魔したのですが、そこで見せてもらったのが、結婚式のアルバムでした。

そのときの感動そのままに、キレイにレイアウトされたアルバムは、とても素晴らしいものでした。

そして、驚いたことに、それはプロのカメラマンが撮った写真でなく、親戚の叔母さんが撮った写真を叔母さんがアレンジして作ったものだということがわかったのです。

こんなに、クオリティ高いアルバムが出来るのだと、更にびっくりです!!

さっそく、自宅に帰って調べてみると、そうしたフォトブックを作ってくれるサイトがあることが分かりました。

しかも、例えば結婚式で集まった人とサイトで写真共有すれば、いろいろなシーンやシャッターチャンスがグーの写真を選りすぐって、もっと素敵なアルバムが出来ます!

こんな素晴らしいサービスを、せめて従妹の結婚式の前に知っておきたかったです。


posted by しんた at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

電話占い

いつの時代も、自分の将来がどうなるか?とか、恋愛などの悩みごと、自分ではどうすることもできない不安解消のために、占いは相変わらず人気です。

今では、それこそ手軽にパソコンで、星座占い、タロット、四柱推命、手相など、好みの占い方法で占なえるわけですが、どこか本当に当たるの?っていう迷いもあります。

人それぞれ、その環境や条件が微妙に違うので、ひと括りでなく、できれば対面で占なってもらわなければ、本当の自分のことについてわからないと思います。

また街中に出て、よく当たるといわれる占い師に占ってもらおうと思っても、そういう人気占い師は長蛇の列だし、そこまで行くのも大変です。

そんな悩みを一気に解決してくれる方法がありました。

それは、人気占い師が占ってくれる「電話占いAIZ」という電話占いサービスです。

これなら、手がるに対面で占なってもらうのとおなじように、自分の悩みを聞いてもらえるでしょう。

いま僕の悩みといえば、仕事。

この不景気で、思うような仕事が見つかりません。

なんとか、いい仕事を早くみつけて、生活を安定したいと思っています。

先ずは、自分のやりたい仕事を伝えて、どうすれば就職先が見つけられるか相談したいと思います。



posted by しんた at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ショットブラスト

僕が「ショットブラスト」という名前を知ったのは、父親の墓を購入しようとしたときです。

墓石に文字や家紋を決めるため、業者と打ち合わせしたときでした。

あの硬い墓石に、まるで絵を描くように自由に好みの文字や絵柄を彫ることが出来ると知ったとき、どうやって彫るのだろうと不思議に思ったのです。

業者の説明で、昔と違いハンマーやノミで彫るのではなく、彫りたい文字や絵柄をゴムのシートに切り抜いて、それを墓石に当て、細かい砂や鋼製・鋳鉄製の小球などをぶつけるそうです。
すると、ゴムの部分は小球などが弾き返され、石の部分だけ削られるというわけです。

なるほど、想像もしなかった方法で文字や絵柄を彫っていたのです。

ショットブラスト」は、墓石だけでなく表札やガラスなどの文字彫りから、下地処理、美装加工、ピーニング、バリ取り、クリーニングなど、工業製品などにも広く使われていることを知りました。
posted by しんた at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

デジカメはいつも傍

僕は、外に出かけるときはだいたいデジカメを持ち歩きます。家にいる時も、すぐ近くの手元にデジカメを置いています。
それは「はっ!」っと思った時に、すぐにシャッターを切りたいからです。
そんなタイミングでシャッターを切った写真は、かなりの確立でその時の感動が伝わる写真が手に入ります。

先日、朝早く目が覚めた時がありました。窓から外をみると、とてもキレイな朝焼けが目に飛び込んできました。
さっそく、手元にあったデジカメで写真をとりました。なかなかといい感じの朝焼けが写っています。

asayake.JPG

こうして撮った写真は、写真素材としてパソコンにストックしています。そして、それを少しサイズなどを小さくして、ホームページに使っています。やはり、写真が入ったページは見た目も楽しくなりますし、見やすくなります。でも、ホームページの場合は写真貼るのがちょっと面倒です。

ところが、数年前から写真を簡単にページに貼り付けられるブログというものが作られ、多くの人が楽しんでいます。まさに、このページもブログです。
ブログこそ、どんどん写真をはって楽しいページを創るのがいいのではないかと思います。
もし、手じかに写真がなければ、ネットなどで写真素材を提供するサイトがたくさんありますので、その中からチョイスして使うのも一つの方法です。
posted by しんた at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

イチロー選手が「9年連続200本安打」という前人未踏の大記録を打ち立てました

少し前になりますが、日本時間の9月14日に、イチロー選手が「9年連続200本安打」という前人未踏の大記録を打ち立てました。このニュースは、日本人の誰もが誇りに思い、そしていまもその感動を持ち続けていると思います。
なしろ、野球の本場で108年ぶりに更新されたメジャーリーグ史上初というだけで、その偉大さは賞賛されるものです。

その輝かしい快挙のカゲには、本人にしか分からない辛さや努力、そしてスランプと数え切れない壁があったことでしょう。
そんな、野球史に残る大記録を打ち立てたマリナーズのイチロー選手を称えた記念企画「ICHIRO 特集」というサイトがあります。
そこには、ここでしか見られないコンテンツが盛り沢山です。

それらのコンテンツの中でも特に必見は、「INTERVIEW 独占インタビュー」です。TV画面を通してみるスパー・スター イチロー選手とは違う知らざる姿をみることが出来ます。

リラックスしたイチロー選手のインタビューの中で、「皆さん、目にみえるところだけを信じてしまうが真逆の面も当然あるし、人には必ずそれとは反対の何かがある…」といった、彼らしい哲学を披露しています。
確かに、彼の言うように常に緊張の連続だけでなく、時には正反対の状態を作ることによって、あのような、野球史に残る大記録を達成できたのではないかと感じました。


ICHIRO 特集:http://519200.jp/



posted by しんた at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

聖徳大使の能力!

AMDはパソコンの頭脳にあたるマイクロプロセッサのメーカーとして有名です。



実は僕のパソコンもAMDを使っていいます。パソコンを購入する時に、いろいろな機種と比べたのですが、処理能力の高さとコストパフォーマンスに惚れて選んだパソコンはAMDが使われていました。
そんなAMDを紹介した動画を見た時、なるほど!よくAMDの素晴らしさを表現していると感心してしまいました。
その動画のタイトルは「お願い聖徳太子様」。聖徳大使が色々な相談をテキパキと処理していくストーリですが、まさに聖徳大使の有名な伝説「聖徳太子は同時に10人の話を聞いていた」を、AMDの処理能力に置き換えて紹介しているところは、実に的を得てると思いました。

ぜひ、「お願い聖徳太子様」をご覧になってください。

ラベル:CPU AMD PC
posted by しんた at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

カレーシュー?

最近では「カレーシュー」と聞くと、ああ「加齢臭ね!」と分かるぐらい一般的なコトバになりました。僕が初めて、このコトバを耳にした時は「カレーの香り」だと思いました。いろいろなブログなどを見ると、僕と同じように勘違い人も多いようです。

さて、その「加齢臭」ですが、確かにオヤジ特有の臭いってありますよね。まさに僕もその危険区域真っ只中なので、結構気にはなっているのですが、そもそも「加齢臭」って何でしょう?

調べてみると、その名前の由来は資生堂により名付けられたそうです。時期的には2000年の暮れに資生堂の研究所が、その臭いの根源を発見したそうです。それは、不飽和アルデヒドの2-ノネナール(C9H16O)という、ちょっと覚え難い名前です。
原因は、皮脂腺内に長年かけてこびりついてきた脂肪酸であるパルミトオレイン酸が分解され、ノネナールとなるそうで、脂肪酸蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いがすると言われています。しかも、オヤジばまりでなくオバサンにも「加齢臭」はあるそうです。

加齢臭=老人というイメージがあるだけでなく、やはりクサイです!
そこで、日頃のケアで臭いを予防したいものです。僕は、特別なことをするのではなく、毎日の生活の中でケアできたら一番いいと思います。
何か特別なメニューを始めると、三日坊主の僕は、必ず挫折するからです。
その意味では、毎日入るお風呂で使う石鹸を変えるのが一番いいと思います。加齢臭を抑える石鹸は色々あるようですが、何となく「柿渋石鹸」が効きそうな気がします。これは、一時期「加齢臭」には「柿渋」という宣伝をよく見たためかも知れませんが・・・
posted by しんた at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

住むなら横浜

いま僕は東京に住んでいますが、横浜という街が好きです。
港や海があって、中華街があって、自然もグルメも特別でお洒落。そんなイメージです。
今度、引っ越すとすれば、横浜が第一候補です。
住むとすれば、高台で海が見えるところ。一戸建てでもマンションでもいい。そして、できれば中華街が近い中区がいいな〜
まず僕が「横浜の家」を探すなら、検索エンジンで「横浜 不動産」をキーにして検索、そして信用おけそうな不動産会社のサイトを探します。
ためしに今、「横浜 不動産」で検索して見ました。物件はたくさんヒットします。これを見ると、やはり中区は人気のようです。みんな考えることは一緒なのかもしれませんね・・・
しかも、今年は横浜開港150周年記念「開国博Y150」で盛り上がっています。ますます横浜は、人気沸騰でしょうね。
実は、一昨日中華街に行ってきたばかりです。中華街で食べた水餃子が美味しかったなぁ〜




posted by しんた at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これなら英語頑張れそう!!

海外旅行に行くたびに、旅行先で英語ができたら・・・いつも思います。
そして、日本に戻って1週間もすると、あの時の後悔と意欲は薄れてしまいます。
頭では、英語が出来たほうが良いのはわかっています。でも、正面切って「英語学習」と考えると、気持ちが萎えてしまうのです。
最近ネットで「ゲーム内でマイレージを貯めて、海外旅行が当たるキャンペーン」という興味深い見出しを目撃しました。
早速そのサイトを覗いてみると?! なんと、任天堂DS用の英語学習ソフトでした。しかも、問題を解いていくことに、マイレージが貯まり、このトータルマイレージポイントが20,000マイルを超えると、本物の「ロサンゼルス5日間の旅」の応募資格がゲットできるのです!
これなら、ロサンゼルスの旅を目指して、英語学習も頑張れそうです。募集期間は2009年7月31日と、締め切り間近。これは、急がないと!


posted by しんた at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

Webクリエイターになりたい!

いま僕は失業中です。ハローワークにも通いました。
しかし、なかなかと自分のやりたい仕事が見つかりません。
やりたい事は、Webクリエイター。
しかし僕はWebクリエイターの経験はありません。趣味としてホームページを作ってるだけです。

募集条件を見ると、だいたい「photoshopやdreamweaver、fireworksが使えること!」など、自分にとっては未経験な条件がネックとなるのです。

しかも、webデザイナー 求人自体の仕事そのものが、ハローワークだと少ないのです。

それでも、何とか効率よく自分の仕事を見つけたい・・・そう思っているときに、「MOREWORKS」という“Webクリエイターのための求人情報サイト”を知る機会がありました。
そして、web 求人なのが嬉しい。わざわざ、ハローワークまで出向かなくても自宅で探せるのです。

これは、僕にとって非常にありがたいサービスです。これで、念願のWebクリエイターの仲間入りが出来そうです。

失業する前に、このサイトを知っていればweb転職が出来たのにと残念です。




posted by しんた at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

インターネットの凄さ

一昔前には、何か調べものをする時は、紙ベースでの作業が主でした。
目的の店を探すのに、電話帳や地図帳で調べたり、天気予報とか映画館の上映時間を調べるのは新聞。難しい漢字や言葉の意味を調べるには、国語辞典といった具合です。

ところが、今ではパソコンの前に座って、ものの5分とかからないうちに、知りたいことがすぐに分かってしまいます。
インターネットによって、随分と生活が便利になりフットワークが良くなりました。

中でも、僕がインターネットで便利になったと思うのは、今までは知りたくても調べようのない情報です。
それは、いわゆるクチコミとでもいうべき、色々な事柄のオフィシャルには出てこない情報です。

例えば、「あの会社は信用できるのか?」、「どこのレストランが、リーズナブルで旨いのか?」、「いま上映している、あの映画は面白いのか?」、「今日TVで紹介した、あの商品はどこに売っている?」など、知りたいと思った時に、インターネットだと、ほとんどの情報が即座に知る事が出来るのです。

僕の調べ方は、例えばAというものが何であるかを知りたいときは、「Aとは」と検索エンジンで調べます。また、Aがどのような評判かを調べる時は「A 噂」とか「A うわさ」などと、検索しています。
他にも、調べたい内容によって色々な方法で、検索エンジンを活用しています。


posted by しんた at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

もう秋。海が恋しい〜

もう秋ですね・・・
こういう時は、海を思い出します。

僕は海が大好きです。そして、南国の青い海が特に好きだ・・・
白い砂浜と青い海、これに勝る感動の風景はないと思う。
いま思い出す、印象深い海は、沖縄の海とオーストラリアの海。

特に、オーストラリア、ケアンズ沖合いのグリーン島は良かった。
ケアンズからグリーン島までは約27km、クルーズ船で1時間とちょっというところ。
陸に近いのに、既にグレートバリアリーフの一部なので、白い砂浜から遠浅の海にもぐれば、そこには美しい熱帯の魚や、海亀が手に取る様に見ることができます。

今でも、浮き輪とシュノーケルを借りて、夢中で覗いた海中の様子を思い出します。
また、何度も行って見たいグリーン島です。

そんな思い出をこめて、イルカ ブログパーツ を貼ってみました。





このイルカ ブログパーツのイルカは、ホイッスルにあわせてジャンプしたり、魚をおねだりしたりとなかなかの愛嬌もの。

せめて、ここで夏を惜しみたいと思います。
posted by しんた at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

究極はユニバーサルデザイン

コンピューターやインターネットの発達は目覚しいものがありますが、特に最近は、ユニバーサルデザインを目指すメーカーが増えてきたと思います。
ユニバーサルデザインの究極は、誰でも使えるモノ。それは住居だったり、機械だったりありますが、ようは文化、言語の違う人でも、身体に障害を持った人でも、老若男女が使えるという事です。

その中でも、便利なんだけど使い方が難しいものがパソコンではないでしょうか?

マウスの操作にしても、指が不自由だと使えません。
しかし、障害のある人にとって、パソコンほど、便利で人とコミュニケーションがとれ、自分を表現出来る道具はないかもしれないのです。
そんな意味で、最近僕が注目しているモノが、手を使わないでコンピューターを操作できる技術です。

ひとつは、目線によってマウスポインタを動かす技術。静岡大学工学部で開発した「瞳孔マウス」。
視線を動かすとそのとおりに画面上カーソルが動き、右目をウインクするとクリックしたことになるそうです。近い将来、これも商品化されることでしょう。

しかし、もっと進んだ技術も出てきています。
それは、手を使わずに脳波でパソコンを操作できるマウス「Neural Impulse Actuator」が登場しました。
これが、もっと進化すれば自分の身体を思うように動かせるようなことも出来るという事は用意に想像できます。まるでSF映画に出てくるロボットのように・・・


そんな、最新の情報を提供している セミナー があります。
セミナー を開催しているのは「日本テクノセンター」。
主に理工系技術者に向けて、セミナー や教材、ソフトの提供や、最先端技術に合わせ、時代を先読みした 教育 サービスをしているそうです。

例えば「自動車センサ技術と信頼性確保」、「動画像理解技術基礎講座」、「組込みLinux 開発環境入門」、「ユーザビリティ評価に基づく製品開発とその実際」などの セミナー が、ユニバーサルデザインを完成させるためには必要な基礎知識となるでしょう。

このように、モノ作りのために必要な色々な基礎技術から、応用分野、さらに品質、コストまで範疇にいれた製造技術まで、たくさんの セミナー が紹介されています。

理工学系の 教育者や学生、メーカーの技術者ばかりでなく、経営者にも知ってもらいたい有意義な内容だと思います。
posted by しんた at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

使ってみたけれど眠れなかったベッドについて

僕は、もともと寝るときは、畳に布団派。だから、旅行にいってホテルに泊まるときぐらいしか、ベッドで寝ることはなかった。

しかし、一緒に住んでいた親父が死んだとき、親父の部屋を譲りうけた。親父の部屋は、床がフローリングで、ベッドが置かれた部屋。畳みはない。

そのため、それからは僕もベッドで寝ることを余儀なくされた。しかし、そのベッドの柔らかさがどうも身体に合わない。
仕方ないので、ある時別の部屋の畳替えをする時、一枚畳みをもらって、それをベッドの上に載せて寝ることにした。
適度の硬さが身体にあう、心地良い眠りが戻って来た。それ以来その畳は外す事無く今まで愛用している。

ところが、先日掃除の際にベットの上の畳をひっくり返したら、なんともう畳みがヨレヨレの状態。
これは、そろそろ畳みを変えなければならない。

しかし、もともと畳みは、こんなクッションの効いた柔らかいベッドの上に置いて使うものでない・・・

きっと、畳の上に寝てるような適度な硬さのベッドが、あのフランスベッドならある筈。さっそく、ベッド選び.comで調べてみようかと思う。
posted by しんた at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

デジタルカタログのメリット

コンピューターの普及に伴って、いままで紙などの媒体に印刷していたものが、デジタル化され、たくさんの文字や画像を紙でなくCDやDVD、ICメモリなどに記録して、必要なときにパソコンなどの電子機器を使って文字や画像として読めるようすることが、一般的になっています。

それにより、紙に印刷したものでは持ち歩けないようなボリュームのデーターも、CDやDVD、ICメモリなどの電子媒体1つに収めて、簡単に持ち運べるようになりました。

そして、さらに今ではインターネットの普及によって、世界中のあらゆるところに、瞬時にそれらのデーターを届けることが可能になっています。

しかも、紙などの媒体を使わないから、大量のゴミの量を減らすことができる。もちろん、いま叫ばれている『地球環境保護』にも、大いに貢献するわけです。

そんなメリットを活用して、新聞や書物の電子化が活発に進められるようになっています。
しかも、紙の媒体を読むようにページをめくるような臨場感も感じることもできるものもあるのです。

更に、必要に応じてある部分にリンクを張って、参照機能を付加したり、読者側から意見や希望を発信することも出来るのです。
いままでの紙媒体のように、ただ受身だけの立場から、即座に自分が発信することも出来てしまう双方向の機能まであるのです。
そして、新聞や書物のようなコンテンツを提供する側も、そういった貴重な情報も得られるので、両者にとって大きなメリットが生まれてきます。

このように、新聞やデジタルブックという発想だけでなく、いろいろな分野に応用されて行く事でしょう。

例えば、「デジタルカタログ」という発想があります。いままで、新聞に何枚も入っている折込広告や、郵送されてくる分厚いカタログなどを電子化すれば電子カタログとなって、先ほど紹介したメリットが全て得ることができるのです。

このように、これから益々デジタルカタログデジタルブック電子カタログなど、我々の身の回りで活用する機会が増えていくと思います。
posted by しんた at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

あなたにとって「住まい」とはどういうものですか?

あなたにとって「住まい」とはどういうものですか? 漢字一文字で表しなさい 』 というお題があった。

僕だったら・・・

 

かな?


み、調、融解、気藹々 など、家族同士が集い、そこに生まれる暖かい場所が「住まい」だと思う。
一人住まいでも、その場所に来れば家族を思い出し、癒やされ、感謝する。そんな場所だと思う。

時には、自分がホストになって親しい仲間をおもてなしする場所でもある。そんな空間が「住まい」だと思います。

三井の住まい』というサイト内にある「Life」を見ると、まさにの世界が広がっています。そして、そこにはいい笑顔が溢れています。

もし、新築マンションを購入するなら、そんなを大切にできる住まいを探したいものだと、あらためて感じたのです。
posted by しんた at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

ニュージーランド旅行の思い出

ゴールデンウィークになると思い出すのが、ニュージーランド 旅行です。いまから、ちょうど3年前に、憧れのニュージランドに行きました。ちょうど季節は日本と正反対の晩秋の時期で、空港から降り立った時は小雨模様で、肌寒く感じたのを思い出します。
10時間半というフライト時間にも疲れも感じず、さっそくニュージーランド 観光の開始です。観光バスで市内見物、フレンドリーなバスの運転手が運転するバスから眺める、日本とは全く違う街の風景、路面電車やイギリス風の建物。
ほとんどバスでの移動ですが、車窓から見る美しいニュージーランド 自然 や羊たちの群れ、あれもこれもと次々に現れる風景に感動の連続でした。
その中でも、特に印象に残ったのが、テカポ湖の湖畔にひっそりと佇む教会。ミルキーブルーの湖と、教会の周りに咲く野生のルピナスは、まるで絵葉書のようでした。
もって行ったデジカメで、腹ばいになりながら撮った写真がこれです。
f239.jpg

そして、帰国するときは今まで食べた蜂蜜と一味違うマヌカ・ハニーをお土産に買って帰りました。ぜひ、もう一度行ってみたいニュージーランドです。
posted by しんた at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

バックアップ

僕は、ホームページを運営しています。わーい(嬉しい顔)

もちろん、3ヶ月に1回はHDDバックアップを定期的に行っています。パンチ
やはり、操作性やレスポンスのよい ハードディスク バックアップ が王道だと思います。
仮にパソコンがウイルスなどでダウンしても、ハードディスク 初期化すれば、なんとかパソコンは使えるようになりますが、絶対に戻せないのが、日々蓄えて来たデータです。そのために、HDD初期化の後に、バックアップしていたデータを戻せば、少し手間でも、また元のように復元できるのです。

僕は更に、ホームページの内容を更新した時は、必ずその場で変更したり、新規のファイルはバックアップを取るようにしています。

それは以前に、間違ってファイルを消してしまったことがあったからです。その時は、HDにあるバックアップデータは古すぎて使えず、結局1週間ぐらいかかって復旧したことがあったのです。もうやだ〜(悲しい顔)

一瞬のオペミスが、7日間のダメージは痛すぎますふらふら

それからは、手軽で小まめにバックアップのとれるフロッピーを使うようになりました。しかし、フロッピーが容量が少なく、ちょっと画像ファイルが入っただけで何枚ものフロッピーを使うことになります。今やそのフロッピーの数は恐ろしい量です。
しかも、最近ではフロッピーは過去のメモリ、量販店で入手するのもだんだん厳しくなって来ました。
その上、意外とフロッピーは壊れやすく、壊れたフロッピーのデーターはまた新しいフロッピーに書き直すという手間も馬鹿になりません。バッド(下向き矢印)

そんな理由から、今ではUSBメモリでバックアップを取るようにしています。
最近のUSBメモリは、使い勝手がよく、しかも大容量なので、USBメモリ1本で、パソコンのデーター全てが納まってしまいます。
それ以来、バックアップデーターの容量の大きさも気にならず、便利に使っていたのです。るんるん

ところが先日、バックアップに使っていたUSBメモリのあるフォルダを開いたら、なんとデーターが全て消えていたのです。がく〜(落胆した顔)これには慌てました。
念のため、そのUSBメモリの他のフォルダを全てチェックしましたら、他にも1つ空になってしまったフォルダが見つかりました。見かけ上は正常でも、どこかのフォルダーは空かも? そんな恐ろしいことが起きていたのです。
まさか、何の警告もなくメモリが忽然と消えるなんて思っていなかったUSBメモリ、今は毎日消えていないかチェックしている有様です。あせあせ(飛び散る汗)

もっと安全でよいバックアップ方法があれば、教えてもらいたいところです。
posted by しんた at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

胡蝶蘭を育てたい!

僕の思い出の花と言うと、それは胡蝶蘭です。わーい(嬉しい顔)

南国の風景が好きな僕はよく暖かい所に旅行します。その中でも、いままでシンガポール、オーストラリアのグリーン島、そして沖縄で、野生の胡蝶蘭を見ます。岩とか木にしがみつくように咲く胡蝶蘭は、なかなかいいものです。ぴかぴか(新しい)

日本で胡蝶蘭 販売しているものをみると、僕が見た野生の胡蝶蘭に比べ、キレイに花が整えられて、たしかに野性味は欠けますが、花 胡蝶蘭の美しさは見事なものです。
そのためか、よく胡蝶蘭が贈られるのだと思います。ひらめき

ある時、仕事で訪れた会社のオフィスに見事に咲いた胡蝶蘭を見たことがあります。話を聞くと、いただいた胡蝶蘭ですが、あまり手入れをしなくても、こうして毎年花を付けると聞きました。

それならと、僕もさっそく胡蝶蘭の鉢を買って見ました。しかし、やってみると自宅で育てるのは、なかなか難しいものです。あせあせ(飛び散る汗)

なんとか、今度こそ胡蝶蘭の花を咲かせたいと思っています。ダッシュ(走り出すさま)
posted by しんた at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本の思い出

絵本は、夢を運ぶ物語としてとても素敵なものだと思います。ぴかぴか(新しい)
そして、自分が子供の頃、親に読み聞かせしてもらったように、今度は自分の子供や孫たちの子育てのひとつとして、とても大切なものだと思うのです。

僕が子供のころどんな絵本を読んでもらったか、残念ながら覚えていません。ふらふら
ただ、大人になってからも絵本の美しいイラストが好きで、随分と買い集めました。特に、海外の絵本は色がキレイだと思います。わーい(嬉しい顔)
絵本というか、小説本というか少し微妙なところがありますが、僕にとって一番思い出に残る絵本は、自分のお金で最初に買った英語版の「星の王子さま」でした。あの素朴な淡い色合いのイラストと、ストーリーがとても好きです。るんるん

mi:te[ミーテ]

ネットで、絵本をテーマとした「ミーテ」というサイトに『ミーテ図書館』という、いろいろな絵本を探すことのできるコーナーがあります。目

ミーテ図書館

絵本をテーマというだけあって、ページそのものがまるで絵本のようなほのぼのとした楽しさのある図書館となっています。ちょこちょこ動きまわる、クマの子供や親子連れがとても可愛いです。揺れるハート
そして、『おすすめセレクション』では、「一歳児におすすめ」、「泣きたい人におすすめ」、「誕生日におすすめ」、「しかけ絵本のおすすめ」など、いろいろな「おすすめ」別に、楽しく探すことができます。わーい(嬉しい顔)
絵本の表紙を見ながら、これと思った絵本にマウスを乗せると、その人気度が分かります。
あれこれ探していると、時間の経つのも忘れてしまいそうです・・・クリスマス「クリスマスの絵本☆」などは、これからの時期、じっくり探して見るのもよいと思います。ひらめき



posted by しんた at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする