2016年07月31日

怖いストレス

皆さんは「キラーストレス」ってご存知ですか?

僕は、いままでこの言葉を知りませんでした。言葉のイメージからすると
ちょっと怖い感じです... なにしろ、キラー(killer)は、英語で「殺人者」
ですから。

そんなイメージ通り、「キラーストレス」は、1つ1つのストレスが小さくても、
多くのストレス反応が蓄積すれば、脳卒中や心筋梗塞、心不全やがんの悪化など
命まで奪うといわれています。

今までも、ストレスは漠然と『体に悪い』といわれてきましたが、最先端の研究に
よって具体的に私たちの命を奪う可能性があることが明らかになってきたのです。

脳の扁桃体が不安や恐怖を感じると ストレス反応と言われる反応が始まります。
ストレスホルモンが分泌されたり自律神経が興奮したりします。
そのために心拍数が増える、血圧が高くなるといった反応が起こります。これが
ストレス反応です。
一つ一つは小さくても、多くのストレスが重なると、キラーストレスともいうべき
危険な状態に陥るのです。

なぜ、この「キラーストレス」が急に注目浴びたのかと想像するに、おそらく
「NHK スペシャル(Nスペ)」が2016年6月18日、19日に取り上げたのがきっかけ
だろうと思います。

その番組では、ストレスの怖さを分かりやすく紹介しているとのことです。

Nスペは第1回目で「あなたを蝕むストレスの正体」、第2回目で「ストレスから
脳を守れ」と異なった視点からストレスに迫っています。

残念ながら、僕はその番組を見ておりません。皆さんの中にも、見逃した方も
多いのではないでしょうか...

しかし、嬉しいことに公式サイトで同様の説明がなされている上に、なんと
「ストレスチェック」を受けることも出来るのです。

公式サイトでは、キラーストレスとは何なのか?、ストレスが関係する病とは?
、効果的なストレス対策とは? など、ストレスについても分かりやすく
説明されています。

中でも注目したいのが、自分のストレスを客観的に見つめる「ライフイベント
ストレスチェック」。
1年間に経験したイベントを合計して、どれくらいストレスが蓄積しているかを
把握する方法です。

方法は、「配偶者の死」から「仕事上のミス」「妊娠」「個人的成功」などの
65の項目の内、自分が経験したイベントをチェック。
それぞれの点数を加算していくと、合計点で自分がどれほどのストレスに
さらされているかがチェックでき、3分もあれば出来きる簡単なテストです。

自分がどのようなストレスを受けているか、まずは客観的に見つめるよい機会
かもしれません、気になる人はぜひやって見て下さい。


〔NHKスペシャル シリーズ キラーストレス〕
第1回:http://www.nhk.or.jp/special/stress/01.html
第2回:http://www.nhk.or.jp/special/stress/02.html


ストレスを軽減する方法として、「コーピング」や「マインドフルネス」と
いうものがあるそうです。

認知行動療法をストレス対策に応用した「コーピング」については、Nスペの
第2回目のサイトをご覧ください。

そして、「マインドフルネス」ですが...

仏教の僧が瞑想によるマインドフルネスを米国で普及させたことで、ストレス
軽減法、認知療法へと進化してきました。

Google が社員の能力開発にマインドフルネスを導入し、高い成果を上げている
ということでも注目を集めています。

方法はとてもシンプルで簡単です。あぐらをかいたら上半身の力を抜いて
リラックスをし、呼吸に意識を向けて集中するだけです。

まずは5分間の実践から始めて、少しずつ10分間、15分間と時間を伸ばしてい
きます。
実践する空間はやや暗めで静かな空間が理想的です。
服装は締めつけ感のないリラックスできるものを選びます。

慣れない最初のうちは、瞑想中に様々な思考が浮かぶと思いますが、無理に
抑えようとせず、ただそれ(思考)に気付き、再びゆっくりと呼吸に
注意を戻すことを繰り返します。

〔実践方法〕
 (1) 手を前で合わせて合掌のポーズをとります。
 (2) 鼻からゆっくり4秒程、息を吸い込みながら、合掌したまま手を上に
   押し上げていきます。
 (3) 下腹部に力を込めて、両手は、上げたままで7秒程息を止めます。
   吸い込んだ息を全身に放散させる感じをイメージしましょう。
 (4) 肺に残っている息を全部吐き切るようなイメージで、両手を広げ、
   8秒程かけてゆっくり下ろしながら、息を吐きます。
 (5) (1)〜(4) を2〜4分程、毎日繰り返します。


以上ですが、マインドフルネスにはメリットがある反面、デメリットもある
ようです。
一例として、Googleが実践する「マインドフルネス」により、リラックスした
結果、それまでに感じていたアイデアや創造性は全て消え去ってしまったと
いわれています。

お互い、ストレスを溜めないように気をつけましょうね....




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】





posted by しんた at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

スマホの文字入力

いまだにスマホ文化から縁遠い僕ですが、図々しくも本メルマガで
【 スマホ用語 】なるものを、毎回紹介していますが... 今回の「トグル入力」
を調べている途中で、ガラケーにはないテンキーによる文字入力の方法が
あることを知りました。

スマホを使っている人にとっては「そんなの知ってるよ!」って言われそう
ですが、僕にとっては、ちょっと驚きだったので、とりあえず紹介したいと
思います。

テンキーだけを使って、アルファベットやひらがなを入力するという手段は
実に画期的な発明だと思っています。

その画期的な手段になんと2種類あることを、今回初めて知ったのです。
ひとつはガラケーでも使える、同じキーを何回か押して目的の文字を選ぶ
「トグル入力」ですが、もうひとつ「フリック入力」という方法があるのです。

「フリック入力」を簡単に説明すると、中心の文字キーに並ぶ上下左右の
4つのキーを、関連付けるものです。

具体的には、例えば『あ行』であれば、「あ」のキーを中心として、上下左右
のキーに「い」「う」「え」「お」を割り当てるのです。

視覚的に説明すると

〔 〕〔う〕〔 〕
〔い〕〔あ〕〔え〕
〔 〕〔お〕〔 〕

という感じです。(文字ズレしていたらすみません...)

もちろん、か行、さ行、た行 ... も同様です。

「フリック入力」は、文字部分をタップしたまま左右上下にスライドして入力
する、スマホならではの方法です。
「トグル入力」に比べてタップ回数が少なくて済むので、慣れてしまえば
こちらの方が入力が早く楽になると言われています。


僕の説明でいまひとつ理解できない方は、こちらの「フリック入力が速いよ!
スマホの文字入力をフリックでゴリ押しする6つの理由 」
http://yossense.com/flick-advantages/ ) をご覧ください。


さて、スマホで「フリック入力」を使う場合には、「設定」画面を開きます。
その中に「キーボード設定」とか「ソフトウェアキーボード設定」という
メニューがあるのでそこをタップします。

そして、次に「フリック入力」を選びます。

「フリック入力」をオンにしていればフリック入力形式が適用されます。
ガラケー式の入力方法の方が良いという場合は、「フリック入力」を
オフにすればトグル入力になります。

また、フリック入力をオンにしていてもトグル入力を同時にオンにすることも
できます。フリック入力に慣れていないうちは、両方使えるようにしておくと
いいかもしれませんね。


以上で、ご紹介を終わりますが... 僕が実際にスマホを持ったとき、
どちらの入力方式にするか、今の時点ではわかりませんが、おそらく最初は
「トグル入力」を使っていて、「フリック入力」に挑戦するも、慣れるまえに
「トグル入力」に戻ってしまいそうな予感がします。




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】




posted by しんた at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

WiFi 便利だけど怖い

今や、どこを見てもスマートフォン(スマホ)を使っている人を目撃します。

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が2016年6月20日付で
発表した情報によれば、15歳から69歳を対象とした調査において、なんと
7割の人がスマホを所有していることが分かったようです。

まだガラケーを愛用している僕は、すでに時代に取り残されつつある1人なの
かもしれません。

スマホはガラケーに比べ画面が大きく、画面タッチによる操作によって、
ガラケーはもちろん、PCに比べても、インターネット環境が大幅に広がって
います。

特に、スマホユーザーがより便利にインターネットを使えているのが、
街中のカフェやホテル、空港など、至る場所でサービスしている公衆Wi-Fi
です。

しかも、何より無料で使えるものが多いのもうれしいところです。

しかし、やはりこれもいいこと尽くめではないようです。

それは、誰でも自由に接続できる便利さを逆手にとった詐欺が横行している
らしいのです。

例えば、『被害事故事例(WiFi) 』( http://spectrum-tech.co.jp/incident.html )
などに、いくつか紹介されていますので、ご覧いただきたい思います。

このように、ある意味目に見えないだけに Wi-Fi の怖さもあるのですが、
特に日本人は、その危険認知度が世界平均を大きく下回るそうです。

セキュリティソフト「ノートン」を提供するシマンテックの報告によると、

世界9カ国を対象とした今回の調査では、安全なWi-Fiネットワークと
安全でないものを区別できる日本の消費者は10人に1人(9%)で、
調査対象国の平均の35%をかなり下回ることがわかったそうです。

また日本人の55%は、通信を暗号化するVPN(Virtual Private Network、
仮想プライベートネットワーク)を聞いたことがないと回答しており、
世界平均の7割の認知率と比べると、通信の暗号化に対する認知が低いのが
伺えるそうです。

実際、日本人の37%はフリーWi-Fiを使用する際に、自分の個人情報が
保護されていると思っています。
日本人の大多数が、ホテル、カフェ、空港など公共の場で提供されている
Wi-Fiネットワークが、すべて保護されていると思っているのです。
しかし実際にはそうではなく、保護されていないネットワークに接続すれば、
そこでやり取りした情報はハッカーに盗まれる可能性があります。

シマンテックによれば、日本人の28%は、セキュリティが保証されていない
Wi-Fiネットワークを使用中でも個人のアカウントにログイン、また16%は
仕事のメールアカウントにログインするという、メールの認証情報を
危険にさらす行動をとっています。

また23%が旅行の計画や位置情報をフリーWi-Fiネットワーク接続中に
携帯電話やタブレットでシェアしています。

このように、知らないうちに自分の情報が既に流出してしまっているかも
しれないのです... いま、何事もないのは奇跡かもしれません。

とは言っても、いまさら Wi-Fi を使うのを止めるのも厳しいものが
あります。

そこで、少しでも安全に Wi-Fi を利用する方法を探してみました。

● 狙われやすいWi-Fiスポット
 ・暗号化されていない又は暗号化強度が弱いWi-Fiスポット
 ・誰でも利用する事が出来るWi-Fiスポット
 ・利用者が多いWi-Fiスポット

● Wi-Fiスポットに接続して被害に遭わないためのルール。
 ・公共施設のWi-Fiスポットでも無条件に信用しない
 ・暗号化なし、又はWEPのWi-Fiスポットには接続しない
  カギのアイコンのないWi-Fiスポットには接続しない
 ・Wi-Fiスポットチョイスは暗号化パターン「WPA」を選ぶ
 ・個人情報を入力する場合はURLを確認する
  https://~で始まる、又は鍵アイコン(ブラウザのURLバーに表示される
  アイコン)が表示されている場合は盗聴される危険性が低くなります。
 ・Wi-Fiを利用しない時はWi-Fi機能をOFFにしておく
  Wi-Fi自動接続によるユーザーが意図していないWi-Fiスポットへの
  接続を防ぐため...

●「Free」や「Public」などの名前の付いたWi-Fiスポットかチェック
 「FON_FREE_INTERNET」「FON」「0001softbank」はセキュリティ対策が
 ゼロ(None)です。
 暗号化がNoneとなっているスポットには接続しない。

● 公共の場でWi-Fiスポットを利用するとき
 ・ファイル共有機能を解除する
 ・ネットバンキングやオンライントレードなど、外に漏れるとリスクの
  高い情報は通信しない
 ・IDとパスワードをやり取りするような通信はしない。
 ・見ていることを他人に知られたくないようなウェブサイトは閲覧しない。
 ・プライベートなメールの送受信はしない。
 ・どうしても我慢できない場合は、通信がのぞき見されても良い内容で
  あること。


そして最後に、スマホにWi-Fiセキュリティ機能のアプリを、事前に
インストールしておくとよいと思います。

例えば、「FFRI安心アプリチェッカー」、「ノートンWiFiプライバシー」
などがあります。





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】





posted by しんた at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

おにぎり それとも おむすび ?

日本の誇るべき携帯食としては、なんといっても「おにぎり」でしょうね。
遠足やお弁当としてではなく、炊きたてご飯を茶碗によそらず、わざわざ
作った温かい「おにぎり」は、また格別の美味しさがあります。

さて、皆さんは「おにぎり」のことを「おむすび」とも呼ぶことをご存知
ですよね?

日本の多くの地域で「おにぎり」と呼ぶのに対して、関東〜東海道にかけては
「おむすび」と呼ばれているようで、コンビニでもセブンイレブンでは、
「おむすび」、ローソンでは「おにぎり」と呼んでいます。
このように、「おにぎり」と「おむすび」という呼び名の違いはどこから
出てきたのでしょう...

これには諸説あって、どれが正しいとは言えませんが紹介しますと...

・「おにぎり」は、「握り飯」に由来し、いつの間にか「おにぎり」と
 言い換えられた。握り飯(=おにぎり)というのはぎゅうぎゅうにつめこむ
 という意味。

・平安時代の貴族の女性たちが「おむすび」と呼んだの対し、「おにぎり」は
 農民などの庶民の言葉だった。

・「おむすび」という言葉は、日本最古の歴史書「古事記」に記された神様
 「むすびの神」に由来。
 「おむすび」の『び』は、古い時代には『魂』の意味があり、「おむすび」
 には『魂をこめたもの』の意味がある。

・「おにぎり」は形状は問わず、「おむすび」は三角形のものを指す傾向が
 強い。
 日本人は山を神格化して、その神の力を授かるために米を山型(神の形)に
 かたどって食べた...それが「おむすび」の始まり。
 つまり「おむすび」は三角形でないといけない。

・東日本では三角、西ではたわら型が一般的と言われているが、持ち運びに
 便利な三角は「携帯食」向けに生まれたという説。

・三角は普段用、たわらは慶事向けという説。

・手製で作られたものを「おむすび」、道具を使って作られたものを
 「おにぎり」とする説。

・手で握ったものを「おにぎり」、笹の葉などでくるんで紐で結んだものを
 「おむすび」と呼ぶ。

・米を握り固めた状態が「おにぎり」で、「おにぎり」をわらで巻いて
 運搬しやすくした状態が「おむすび」。

・握り飯または「おにぎり」の方が歴史が古く、その女房言葉もしくは
 丁寧語として「おむすび」といったという説。

・丸形で海苔(しめった海苔)が全面を覆うのが「おにぎり」、三角で乾いた
 パリパリの海苔が一部を取り巻くのが「おむすび」。

このように、歴史的背景、形による違い、作り方、など色々と、それぞれに
主張があります。その中で、ほぼ間違いのなさそうなのは、その形が三角形
(おむすび)か、それ以外(おにぎり)で呼び名が変るとみてよいと思います。

そういえば、一時話題となった「おにぎらず」は三角形でないためなのか、
「おむすばず」といいませんね...

さて、今回は身近な食べ物について紹介しましたが、最後になんだか気になる
見出しが目に留まりました。
それは、『突然死しない「おにぎり」の食べ方』・・・

なんで、「おにぎり」ひとつで生死が分かれるのか... 気になりませんか?

結論から言いますと、『コンビニの「おにぎり」は、突然死したくなければ
冷たくても「そのまま」食べるほうがいい。』ということだそうです。

では、その理由ですが... お米などに含まれるデンプンには消化されやすい
ものと消化されにくいものの2種類があり、消化されやすいほうのデンプンは
すぐに吸収されて血糖値を急激に上げます。
一方、消化されにくいデンプンは『レジスタントスターチ』と呼ばれ、
急激な血糖値の上昇を抑えるとともに、食物繊維と同じような働きをして
腸内環境を整えます。
このレジスタントスターチは、デンプンを加熱した後に冷やすと割合が増え、
冷めていたものを温めると割合が減ってしまいます。

要は、急激な血糖値の上昇を抑える働きをするレジスタントスターチが、
温めることによって減ってしまうため、食後の血糖値の急激な上昇を抑え
られず、その結果、動脈硬化の進行を早め、脳卒中や心筋梗塞の原因と
なります。

では、今回はこの辺で・・・




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】




posted by しんた at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

銀行のトリビア

先日、いつものようにネットサーフィンしていましたら、『銀行には170cmの
観葉植物ばかりがある』という、気になる見出しが目に留まりました。

その記事を読み進めると、次のようなことが書いてありました。

銀行の観葉植物はすべて170cmと決まっています。その理由は、銀行強盗の
身長を計測するため。

なんとも、物騒な理由だったのですね。

もう少し、先ほどの記事を紹介しますと、170cmというのは、日本人男性の
平均身長です。強盗に入られたときに、顔や体型などは思い出せても、
意外に身長についての記憶は曖昧なものだからだそうです。

顔の特徴などは、身長などと比べ、人によって印象がバラバラなので、
ハッキリ目安になるものとして170cmの観葉植物を置き、ひそかに強盗の
身長を計っているということです。

コンビニなどの入り口に「160cm」「165cm」など、同様の目的で線が
引かれていることがあるそうですが、それも銀行と同じ目的だそうです。

何気ない生活の風景のなかに、こんなチェック機能があったのですね...


というわけで、今回は題して「銀行のトリビア」を探してみました。


■ 銀行にはトイレがない
 多くの人が集まる場所なのに、防犯目的のために、多くの銀行は
 トイレを設置していません。
 トイレがあると、犯人が人質をとって閉じこもる、中で変装する、
 お金を持っている人をトイレで襲うなどの可能性があります。
 銀行はお金のやりとりが多い場所で、トイレはどうしても死角に
 なります。

■ 大金持ちは、なぜ「スイス銀行」を利用するのか
 実は、「スイス銀行」という銀行は実在しません。ただ、スイスの
 銀行は法律によって顧客の情報を第三者に漏らすことを固く禁じられて
 います。
 また、スイスの銀行の中でも「プライベートバンク」と呼ばれるものは、
 口座が顧客の名前ではなく、番号だけで管理されます。
 プライベートバンクは、富裕層の資産を預かったり運用したりする
 ための小規模の銀行です。古い歴史をもつところもあり、王侯や貴族
 などの資産家が代々利用していることが多いようです。
 そして、プライベートバンクの口座は資産運用が目的なので、
 給与振り込みや公共料金の引き落としなどはできず、通帳やキャッシュ
 カードもありません。
 一般的な銀行と違って、プライベートバンクは企業や個人への融資は
 行なわず、口座管理料や、預かった資産を運用して得られた利益の
 一部を成功報酬として受け取ります。そのため、顧客は口座に
 一定以上の残高を置いておかなければなりません。その金額は最低でも
 数億円といわれます。
 プライベートバンクは融資を行わないので、不良債権が発生する
 ことがなく、銀行としての安全性は高いといえます。
 また、スイスは永世中立国で戦争に巻き込まれる心配がない点も、
 お金持ちが何世代にもわたって資産を守っていくのに適していると
 いえます。

■ 銀行はなぜ15時まで?それ以降は何をしてるのか?
 『銀行法』(昭和56年6月1日法律第59号)の『施行規則第16条』で
 『1項 銀行の営業時間は、午前9時から午後3時までとする』
 『2項 前項の営業時間は、営業の都合により延長することができる』と
 定められてます。

 行員の退社時間を5時として、照合作業に必要な時間を逆算すると3時と
 いうのが、現実的な理由のようです。
 15時で閉店し、お客様がいなくなると、銀行ではお金の「締上げ」と
 いわれる処理が行われます。締上げとは、その日のお金の処理を全て
 計算し、最終的に合わせることを言います。
 伝票は毎日何百枚もあるので、この作業にはある程度時間がかかります。
 よく「1円でも合わないと帰れない」と言われますが、これは大げさ
 ではなく事実。ただ実際には、1円というより、例えば伝票1枚といった
 レベルだそうです。

■ 都市銀行・地方銀行・第二地方銀行って何が違うのか?
 銀行業務を行わない企業が「○○銀行」と名乗ることはできません。

 都市銀行(都銀)と地方銀行(地銀)は事業を行うエリアが異なり、
 地銀と第二地銀はその成り立ちが異なります。
 地方銀行(地銀)はその名の通り、各都道府県に本拠を置き、
 地元の人から預金を集めたり、地元の企業に融資をしたりするのを
 メインの業務としている地域密着型の銀行です。
 これに対して都市銀行(都銀)は、全国ネットの銀行といえます。
 日本全国に支店を持ち、おもに大企業に融資を行うとともに、
 海外にも進出してグローバルに事業を行っている銀行です。
 第二地方銀行(第二地銀)は、以前は「相互銀行」だったものが
 1989年以降に普通銀行に転換したものです。相互銀行のさらに
 その前身は、地域密着型の助け合いの仕組みを発展させた
 無尽会社という金融機関です。

■ 銀行と信用金庫は何が違う?
 取扱商品や業務内容は信用組合も銀行もほとんど変わりません。
 大きな違いはその経営理念、目的です。
 銀行は株式会社です。つまり、利益を出して株主に利益を還元する
 ことを使命としています。銀行は営利目的の金融機関なのです。
 それに対し、信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって
 互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、
 主な取引先は中小企業や個人です。
 利益第一主義ではなく、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。
 銀行は融資先が限られないのに対し、信用金庫は、営業エリア内で、
 かつ、中小企業(資本金9億円以内・従業員300人以内)や地域住民に
 限られます。


まだ、他にもいろいろと情報がありましたが、少し内容が面白く
なくなってきたので、この辺で打ち切りとします。

それにしても、ひとことで銀行といっても、色々な形態があるん
ですね・・・

そうそう、最近では店舗をもたないタイプの銀行として、ネット銀行など
も登場してきました。店舗持たないということは、事務コストや人件費が
必要ないわけですから、そのぶん預金金利が高かったりいろいろな
手数料が安かったりする訳ですね...





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】






posted by しんた at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする