2018年04月22日

ADIZ

皆さんは“ADIZ”という言葉の意味を知っていますか?

ちょっとピンと来ない人も多いと思いますが、「防空識別圏」といえば、
なんとなく分かるひとも多いのではないでしょうか?

今回の話題は、そのADIZ(防空識別圏)についてです。

ADIZとは、ウィキペディアによれば『各国が防空上の必要性から領空とは
別に設定した空域のことである。』とあり、必ずしも領空とは一致していない
ということのようです。

ADIZは、領空に近づく航空機が敵機かどうかを判別するために設けられた
空域のことです。
奇襲攻撃などをたくらむ敵機が領空に侵入してからアラート発進していたら
間に合わないためADIZが設定されています。
このADIZの空域を事前に通告せず、勝手に飛行すれば、国籍不明機として
空自の戦闘機がスクランブルをかけます。

以前、ADIZと領空との差異から起こった、不愉快な出来事がありました。

それは、大韓航空の旅客機が2011年6月にデモフライトした際、通常の飛行
ルートを取らずに、まるで日本を刺激するかのようにわざわざ竹島上空を
飛行しました。

この時、普通なら航空自衛隊がスクランブル(緊急発進)もかけますが、
現況では自衛隊機は竹島上空を決して飛ぶことができません。

それは、竹島空域が日本のADIZから外れているためです。逆に、韓国側は
竹島空域を自国のADIZとして運用しています。

これって変ですよね...

こんな韓国側の挑発とも取れる行為に、日本側が反発するのは必至です。
当時の松本剛明外相は「領空を侵犯した」とし、外務省の全職員に
大韓航空機を利用しないよう指示しました。
この対応に韓国側は「韓国の国籍機が自国領土の上空を飛行したことに
他国が干渉するな」と反発する騒動になりました。

皆さんも認識しているように、我々日本人は「竹島は日本固有の領土である」
と主張していますが、現在、韓国が不法占拠し、領有権を日韓両国が
争っています。
しかし、竹島は韓国では独島と呼び、ヘリポートや宿舎などの建物を
次々に建て、実効支配を強めています。

なんで、こんなことがまかり通るのでしょうか?

ADIZで、日本が韓国に一歩譲っている感がありますが、なんで日本が竹島
上空をADIZと定めないのでしょう?

現行のADIZは、終戦後に駐留米軍が設定し、領空侵犯措置が日本側に移管
された際にそのまま引き継がれました。

実は北方領土の空域もADIZに入っていません。日本の最西端にある
与那国島も以前は島の3分の2しか日本のADIZに入っておらず、
残り3分の1は台湾側のADIZに含まれていました。
米軍が与那国島の存在を無視して、日本のADIZの最西端を東経123度で
設定したためにこうした不都合が生じましたが、2010年に問題は
解消され、現在は与那国島全体がすっぽり日本のADIZ内に入っています。

もちろん竹島空域もADIZに入れようという見直し論もあります。
しかし、防衛省などは「今のままで運用に支障がない」「ADIZを
拡大すれば隣国のADIZとの衝突は避けられないので、簡単には見直せない」
と消極的なのです。

しかし、このまま竹島空域が日本のADIZに入らないでいると、韓国は
やりたい放題で竹島の実効支配はますます強まるだけなのですが、
日本政府は何故か及び腰のようです。

やはり、竹島は日本固有の領土と国際的にも主張するなら、しっかりと
竹島空域を日本のADIZに入れるべきだと思います。






【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】


日本人なら知っておきたい 中国の防空識別圏設定【電子書籍】[ 国際情勢研究会 ]

価格:567円
(2018/4/22 07:15時点)
感想(0件)


posted by しんた at 07:23| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

ずるいよ!

以前より腹立たしく思っていたのが、日本の商品名や地名が海外で商標登録
を先取りされるという事案です。

先取りされた側にも、読みの甘さがある思いますが、しかし他人の考えた
名前を勝手に拝借するとは、許されません。

まあ、その背景にはジャパンブランドは品質の良さと、信頼性があるから
でしょうけど...

例えば、

日本でも高級ブランドの「今治タオル」は、商標登録の問題で中国国内で
もめています。

双葉社が日本の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のデザインされたグッズを
上海市内のデパートで販売していたところ、別のアパレル会社が同じ
デパートでクレヨンしんちゃんの靴を販売していたため、そのアパレル会社に
クレーム対応をすると、デザインなどについて中国内で商標権を取得して
いると主張し、双葉社側の商品こそ「偽物」だと訴えてきた。

人気が高い鹿児島県の芋焼酎「森伊蔵」「伊佐美」「村尾」の3銘柄が、
中国での商標登録を無断で申請されていた問題で、中国商標局は3銘柄を
つくる酒造会社からの異議申し立てを認めなかった。

大手百貨店、高島屋が、中国の業者に地元で勝手に「高島屋」の商標を
登録されたとして、中国当局に異議を申し立てた。

台湾企業が1999年、「讃岐」「さぬき」「サヌキ」「SANUKI」などの
各種表記で自国で商標登録を終え、日本人が現地で使用できなくなった。

佐賀県が上海万博関連イベントとして上海市の百貨店で開く「佐賀県産品展」
で中国で「有田焼」が商標登録されているため「有田焼」と表記できなかった。

香港企業である盛能投資有限公司が中国で商標25類(被服、履物)における
「無印良品」および「MUJI」の商標を不正に先行登録していた。

中国・北京市の企業が、青森をローマ字にした「AOMORI」を商標出願
していることが分かり、県は中国商標局に異議を申し立てた。


こうやって見てみると、海外と言っても中国などの漢字文化の国がほとんどの
ようです。


さて、日本国内での同じような事例がないかと探してみると...

一時、大ブレークした、ピコ太郎さんの大ヒット曲「Pen-Pineapple-Apple-Pen
(PPAP)」で使われるフレーズ「ペンパイナッポーアッポーペン」などが、
大阪府内にある無関係の企業によって商標出願されていました。

その大阪の企業は、過去にも「STAP細胞はあります」「民進党」といった
言葉など、既存の団体や人物に関連した商標を出願しているので、流行語が
出た瞬間にヒットしそうな商標を先取りして商売する会社なのかもしれません。


最近では、平昌五輪のカーリング女子日本代表「LS北見」の選手たちが口にした
「そだねー」がこの件でも話題になりました。

この「そだねー」を、北海道帯広市の菓子メーカー「六花亭製菓」が出願したと
ニュースになりましたが、実は六花亭よりも2日早く、北見工業大生活協同組合
が同大職員の名義で商標登録を特許庁に届け出ていたことがわかりました。

商標は先に申請した者に権利が与えられる「先願主義」が基本ですので、
同生協に権利が認められると思います。
商標の使用区分は「文房具類、洋服、菓子など」になるそうです。

同生協は、登録が認められれば、利益の全額をカーリングの振興に充てると
していて、第三者の使用も利益の一部をカーリングに役立てるとの条件で
許可したいとしているそうです。

この例では、自分の利益だけを追求していない対応で、商標出願には狡猾さが
感じられないことに、僕は拍手を送りたいです。

やはり、自分に無関係な商標を、相手の目を盗んで先取りするのは、どうも
個人的には好きになれませんね...




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】




(送料無料)<同色3枚セット>日本製 今治タオル リバース フェイスタオル/今治 タオル フェイス 福袋 国産 ギフト<タイムバーゲン>

価格:1,200円
(2018/4/15 12:11時点)
感想(2525件)


posted by しんた at 12:16| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

苗字(名字)の話。

今回は苗字(名字)の話。

まず苗字と名字の違いは、あるサイトに説明によると「苗字」は血統を重視、
「名字」は所有地に由来するとのことです。

「苗字」の「苗」は、遠い子孫、末孫という意味があり、「苗裔(びょうえい)」
という言葉から取られ江戸時代に生まれました。

「名字」は、平安中期頃に、武士が自分の支配下である地域の事を指す
「名田(みょうでん)」にちなんだ、「字(あざな)」を作るようになった
ことがきっかけです。

明治時代以後の日本人の名前の場合は、必ず苗字がつきます(※)が、
世界的にみると苗字のない国もあります。

例えば、ミャンマーやアイスランド、モンゴル、アラブ諸国などだそうです。

逆に、苗字の種類の多い国は米国(150万種)、イタリア(35万種)、そして
日本(30万種)だそうです。

米国は他国からの移住の多い国だけに苗字が多いのはわかりますが、わが国も
多いですね...

同じアジアでも、中国や韓国は苗字の少ない国のようで、確かに「金(キム)」
など同じ名前をよく見聞きします。


※ 明治3年(1870年)になると法制学者細川潤次郎や、戸籍制度による
 近代化を重視する大蔵省の主導により名字政策は、9月19日の平民苗字許可令、
 明治8年(1875年)2月13日の平民苗字必称義務令により、国民はみな公的に
 名字を持つことになりました。
 この日にちなんで、2月13日は「名字の日」となっています。


さて、実在する日本人の珍しい苗字が紹介されていましたので、いっきに紹介
したいと思います。 僕は聞いたことのある苗字は2つだけでした。

1. 鬼(おに)
2. 砂糖:よくある佐藤ではありません。
3. 無敵(むてき)
4. 素麺(そうめん)
5. 鰻(うなぎ):全国に20人ほど実在するそうです。
6. 東京:全国で10人ほどいるそうです。
7. 降魔(ごうま)
8. 見ル野
9. 猫屋敷(ねこやしき)
10. 無量塔(むらた)
11. 呂比須(ろぺす)
12. 辺銀(ぺんぎん)
13. 四月一日(わたぬき)
14. 八月一日(ほずみ、はっさく、やぶみ)
15. 小鳥遊(たかなし):由来は「鷹がいない=たかなし=小鳥が遊べる」という説
16. 勘解由小路(かでのこうじ)
17. 左衛門三郎(さえもんさぶろう)
18. 鼻毛
19. 牛糞(うしくそ、こごえ)
20. 金玉(こんぎょく、かねたま)
21. 御手洗(みたらい)
22. 禿(とく、かむろ)
23. 馬鹿(ましか)
24. 下呂(げろ)
25. 肥満(ひまん、こえみつ)

どうでしょうか? このような苗字をよく選んだなと思うような苗字も
ありますね。


さて、最後に質問です。これはあるテレビ番組で知った情報なのですが...

外国に「日本」という国名の苗字の人々がいる国はどこでしょうか?

それは・・・



なんと、アジアではなくヨーロッパのスペインなのです。

スペイン南西の都市セビリア近辺にあるコリア・デル・リオの町には
ハポン(スペイン語版)(Japon=日本)姓もしくはXapon姓の人が約700住んで
いるようです。
ハポンの表記は、スペイン北方のガリシア州におけるガリシア語では現在も
Xaponです。

その苗字の由来は、17世紀の支倉常長による慶長遣欧使節がコリア・デル・リオに
長期滞在したことに始まります。
この使節団の中で日本に帰らず、現地に留まり移住したキリスト教徒の日本人や
使節の現地人水夫、その支援者たちが子孫を残しました。
彼らの本来の苗字はスペイン人にとっては難しく、そこで子孫は日本の国名を
苗字にしたと言われています。

なお、1996年に、駐スペイン日本国大使の坂本重太郎がラジオで呼びかけ、
ハポン姓を持つ650人や、使節ゆかりの東北地方の裏千家メンバーなどを集めた
「ハポン・パーティー」を、セビリアで開催しました。

僕がテレビで見たハポン姓を持つ人々は、日本人の血が混じってるとは
見えませんでした。




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】



日本の苗字【電子書籍】[ 『歴史読本』編集部 ]

価格:792円
(2018/4/8 07:57時点)
感想(1件)


posted by しんた at 08:01| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

不愉快でした

少し前のニュースで、みなさんの記憶の中から消えているかもしれませんが...

谷岡学長を覚えていますか?

そう、至学館大学の谷岡郁子学長です。

栄和人氏が伊調馨選手へパワハラをしたという疑惑にたいして、それを反論する
ために会見をした様子が、テレビで放映されました。

僕は、その会見をみたとき、とても不愉快な気持ちになりました。

その理由が何なのか? うまく言い表せませんが、何しろ気持ちの良い会見では
ありませんでした。

思い起こせば、僕も僅かながらの人生の中でも少なからずこうした不愉快な
人間と係わりを持った経験があります。

しかし、だからと言ってその不愉快さがどこから来るのか? 的確に指摘でき
ないのです。

そんなモヤモヤしている最中、明快に指摘している記事を読むことができました。
さすが、臨床心理士であるプロの分析は違うと感心しました。

そこで、その記事の一部を抜粋して紹介したいと思います。


・「自分がどう見えるのか」に注意を向けていなかった
 発言内容だけではなく、学長が「自分がどう見えるのか」、「発言がどう受け
 取られるのか」に注意を向けていなかった。

・感情の表し方
 「怒りは沸点に達した」と発言した谷岡学長は、その怒りを冒頭から露わに
 した。
 公の場であれだけ怒りを露わにできるのは、日常的に人前で感情を露わに
 しているからであり、マイナス感情をぶちまけても、ぶつけても批判
 されない立場、許される立場にいるというイメージを与える。
 最初から怒りのパワーを全開させたのは、それによって場を支配しようと
 したからだ。

・話し方もマイナス
 全体的にきつく尊大な口調で、時おり語気を強める物言いは、自分は偉い、
 自分が正しいと思っている印象を与える。
 独特の間や抑揚、芝居がかった口調も、人を見下したように思われやすい。

 栄氏について「その程度のパワーしかない人間」と発言し、「自分こそが
 パワーを持っている人間なのだ」という自意識の強さが表れている。

 伊調選手の道場の使用についても、「私が使わせると言えば、いつでも
 使うことができる」と命令することができる立場を強調したにすぎない。

・仕草と表情は、無意識のうちに本音や感情を露わにする
 学長は、威圧的な発言をしながら、顔を動かすことなく、何度も鋭く
 冷たい視線だけを素早く左右に走らせていた。
 このような場では、普通、周りの反応を見ようと顔を左右に動かすだろう。
 鋭く視線だけを素早く走らせるのは、周りの反応を気にせず、質問した
 相手をチェックするためにほかならない。
 常に細かい所までチェックし、すべてを把握しなければ気がすまないという、
 支配的なマネジメントスタイルが、その仕草から想起される。

・人について話す時は、表情の端に好き嫌いがにじみ出ていた。
 伊調選手について話している表情を見ると、好感を持っていないことは
 一目瞭然。

 「そもそも、伊調さんは選手なんですか」と言った時は、一瞬、眉間に
 シワを寄せて顔をしかめた。口調も高圧的。「選手でない人、五輪を
 目指すはずがない人」と言いながら、唇を横に引いて冷やかな笑みを
 浮かべた。
 この微笑みは、心理学者のポール・エクマンの言う「軽蔑の微笑み」に
 似ている。心の中にあるマイナス感情を、無意識のうちに微笑みで
 隠そうとしたものだ。
 「伊調さんを批判しようとは思いません」と言い終わると、唇を隠す
 ように巻き込み、唇をなめた。この仕草も、そう言ったもののストレスが
 強くなったために表れたものだ。

 栄監督の娘に対する報道には抗議するとしながら、伊調選手にはマイナス
 感情を示したことから、学長の弁にあった“えこひいき”の臭いさえ
 感じてしまう。

このようなことが分析されていました。


谷岡学長の経歴をみると、学長としての長いキャリア、政治家としての経験、
日本レスリング協会副会長という立場から、誰もが自分の話を聞き、
忖度されるという環境にどっぷり浸かってきたのでしょう・・・

そんな狭い社会での「お山の大将」であった彼女は、広い世間でも彼女の
流儀が通用すると思っていたのでしょう...

僕が不愉快を感じたように、ネットなどでも「画面からのパワー自体が
ハラスメント」「あんなに“圧”のある学長が統括する組織ならパワハラが
あってもおかしくない」という批判が持ち上がっているようです。

皮肉にも、谷岡学長の反論会見がさらにパワハラ疑惑を強めるという
皮肉な結果を招いたと思います。

今後、至学館大学の女子レスリング部がどのような方向に進んでいくのか
気になります。
そして、 副学長でもある吉田沙保里氏の沈黙も気になるところです。




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】





ブラック上司のやっつけ方 これってパワハラ? すぐに役立つ10のアドバイス【電子書籍】[ 橋口利雄 ]

価格:324円
(2018/4/1 07:39時点)
感想(0件)


posted by しんた at 07:42| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

来週は注意です!

そろそろXデーが近づいてきました・・・

ニュースによると、4月1〜7日に中国衛星「天宮1号」の地球への落下が
ほぼ確定したというのです。

あと、一週間ちょっとで、危険極まりないものが天から落ちてくるのです。

天宮1号とは、中国の天宮計画における初の機体で、全長10.4メートル、
重さ約8.5トンあり、実験装置室と物資保管室から構成されている
軌道上実験モジュールです。
イメージとしては、トレーラーや貨物列車のコンテナほどの大きさです。

2011年9月29日に打ち上げられ、2011年11月に無人宇宙船神舟8号との
中国初(世界で5番目)の無人ドッキングと、2012年6月には中国初の女性
宇宙飛行士である劉洋らによって、中国初(世界で3番目)の有人ドッキング
を成功させました。

そして、当初は否定してた「天宮1号の地球落下」について、2016年に
制御不能状態に陥っていることが中国政府より公表されました。

そして、ある専門家によれば、昨年10月の時点では1週間で
1.5キロメートルほど高度を下げていましたが、日増しに落下のペースは
早まり、現在では1週間に6キロメートルほども地球に近づいていると
いいます。

このまま落下を続けて大気圏に突入すれば機体の大半は燃え尽きると
考えられていますが、エンジンなどの頑健なパーツはある程度の質量を
保ったまま地上を直撃する可能性が高いといわれています。

アメリカの非営利研究組織、エアロスペース・コーポレーションの最新の
見積もりによれば天宮1号の地球落下はこの4月の第1週が濃厚であると
アナウンスしています。

一方でESA(欧州宇宙機関)の試算はもう少し幅広く、3月24日から4月19日
までの間であると発表。そして予想される落下エリアは北緯43度から
南緯43度までという広いエリアのどこにでも落ちる可能性があることを
指摘しています。

分析によって落下の可能性が高い地域が大雑把に特定されています。
それによれば、中国の北部一帯、中東、中央イタリア、スペイン北部、
アメリカ北部一帯、ニュージーランド、タスマニア、南アメリカ大陸の
一部、アフリカ大陸南部と見られています。

幸いにも日本は挙げられていませんが、北海道北部を除く日本列島
すべてが落下エリアに含まれていて予断を許しません。

では、実際に落下したらどうなるのか?

大気圏突入を経てもいくつかの部品は燃え尽きずに地球の表面に到達すると
いわれています。
なかでも、厄介なのがモジュールに残留している燃料のヒドラジン
(hydrazine)が落下地点に散乱してしまう可能性があることです。
ヒドラジンは毒性が高く、もし居住エリアに落下すればきわめて
危険であり想定外の事態を招く可能性もあります。

それにしても、こうした落下の可能性のあるロケットや人工衛星などは、
自爆装置がついていると聞いたことがあります。なぜ、天宮1号は自爆装置が
ついていないのでしょう?

本当に、迷惑な話です。


中国の迷惑ついでに、もうひとつ宇宙に関する怖い話です。

英国の著名物理学者スティーブン・ホーキング博士(76)が14日死去
しました。
生前、博士はこれまで世界最大口径の球面電波望遠鏡FAST、「中国天眼」の
建造に反対してきたことをご存知ですか?

香港メディア「東網」の同日の報道によれば、地球外知的生命体の存在に
肯定的な意見を持つホーキング博士は過去、「宇宙人を招く恐れがある」
として、中国当局の「天眼」建設に異議を唱えていました。博士は
「宇宙人が、人類がまだ発展段階にあるこの地球に来ることは、コロンブスが
新大陸を発見したときと同じように、全人類にとって良いことではない
かもしれない」と指摘しました。

博士は、これほど巨大な望遠鏡が建造されれば「地球外生命体がより簡単に
地球を見つけることができる。地球外生命体が地球に到達すれば、人類に
災難をもたらす可能性がある」との見解を示したのです。

また、中国当局が昨年「天眼」を通じて、初めて宇宙から信号らしきものを
受信したと公表した報道を受けて、ホーキング博士は中国当局に
「応答するな、応答するな!」と繰り返して警告しました。しかし、中国側は
博士の警告に無反応だったといいます。

さらに、中国科学者らが太陽の分層構造を発見したとして、
「太陽を電波増幅装置として人類からの信号を宇宙に送信できる」と提案した
ことに対して、ホーキング博士は同様に警告を発しましたが、
意見を取り入れられなかったのです。

ホーキング博士の忠告を無視し、さらに今年4月末には「天眼」のシングル
ビーム受信機をより先進的な19本ビーム受信機に取り替えるほか、
「天眼」周辺にいくつかの30から50メートル電波望遠鏡を新たに設置を
予定しているようです。
このように、ますます地球外生命体が地球を見つけるきっかけとなる
中国の動きは、なんとも迷惑なやりかたです。


自国の欲望と利益ばかり追求せず、地球人の一員として良識ある秩序をもって、
人類の未来を見据えて行動してもらいたいと思います。




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】



posted by しんた at 08:04| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

日本の常識は

日本で常識だと思っていたことが、海外では通用しないという話がネットで
よく話題となっています。

例えば、日本人が写真を撮るときによくやるピースサインは、ギリシャでは
侮辱を意味することになるので注意が必要です。

また、「かわいいね...」と、子供の頭をなでなですることがありますが、
タイでは、たとえ子供でも人の頭を触ってはいけません。頭は体の中で一番
高い部位にあり、精霊が宿る場所とされているのです。

ある人が、フランス人の友達の結婚祝いに夫婦茶碗を送ったら「なぜ妻の方の
茶碗が小さいのか? 夫より少なく食べろという意味か?」と言われたそう
です。たしかに、日本では何の疑問も持ちませんが、フランス人のいうことも
頷けます。

また、イタリアでは、スプーンを使ってスパゲティを食べてはいけない
そうです。日本では、たまにスプーンを使ってフォークにパスタをクルクル
巻きつけて食べてるのを見ることがありますが、イタリアではスパゲティは
普通、フォークのみを使って、フォークにパスタが完全に絡まるまで
クルクル巻きつけて食べます。

イギリスでは日本人が日傘を差したり、手袋や帽子で覆われて日光を
避けている姿はとても奇妙に感じられるようです。

このように、ちょっと探しただけでも、考えもしなかった常識違いが
いろいろあるわけですが、「日本の常識は世界の非常識」というタイトルの
記事がありましたので、それを抜粋してご紹介したいと思います。

日本ではホテルやレストラン、ショップなどの客は「お客様」と呼ばれ、
大切に扱われます。しかし、ドイツでは「スタッフと客はあくまでも対等」
という考え方で、お店に入るときは客側からあいさつをするのが普通で、
スタッフに挨拶をされても返事をしないなんてもってのほかです。

日本ではホテルやレストラン、お店などで何か不手際があれば、スタッフは
それが自分の責任かどうかにかかわらず、組織を代表して謝罪したり
対応にあたったりするのが当たり前と思われています。

ところが、海外ではそうでないことが多々あります。
その不手際が応対したスタッフ個人の責任でない場合は、「それは残念でした
ね。」で済まされることが少なくありません。また、解決する必要がある
トラブルが残っている場合は、本来その責任を負うべき人が対処するのが
普通です。

日本では、レストランやカフェに入ると無料の水やおしぼりが出てきますが、
世界的に見ればそんな国はほとんどありません。

日本のように国民のほとんどが同じ民族で、同じ言語を話すという国は
世界的に見れば少数派です。アジアを見ても中国やインド、マレーシアを
はじめ、多民族国家だらけですし、ヨーロッパでは移民を多数受け入れた
結果、多民族国家になっている国が少なくありません。
日本では見た目や言葉が違う人がいれば即座に「外国人」と判断されますが、
世界的に見ればそう単純にはいかない国が多いのです。

日本では昔から「色白」は美人の代名詞のようにいわれてきました。
デパートやドラッグストアに行けば、美白効果をうたう化粧品があふれて
います。
しかし、実際に白人が多いヨーロッパでは「色白」は敬遠されることが
あります。
夏にはこんがりと日焼けした小麦肌が憧れの的で、夏のあいだも白い肌を
保っている人は「不健康で夏をエンジョイしていないかわいそうな人」と
思われてしまうことすらあります。

日本では「小顔だね」は、一般には誉め言葉として認識されているよう
ですが...
外国人に誉め言葉のつもりで「顔が小さいですね」と言っても、
誉め言葉だと認識されないばかりか、その発言の意図が理解できずに
不審に思われたり、下手をすれば「私の脳みそが少ないみたいじゃない」と
不快にさせてしまったりする恐れすらあります。
特にヨーロッパでは他人の身体的特徴を指摘することに慎重な人が多く、
安易に身体的特徴を持ち出すことは差別的と受け止められかねないので
注意が必要です。

日本のスーパーマーケットでは、野菜や果物は通常、1個単位かパック
単位の値段が表示されていますが、海外ではキロ売りが主流です。

日本ではホテルの宿泊費は一人当たりの料金が設定されていますが、
世界の多くの国では部屋単位での料金設定が基本です。
日本の場合、一部屋を2人で利用するとシングルルームの2倍よりも多少
割安になる程度の料金設定をしているホテルが多く、1名での宿泊料金と
2名での宿泊料金は大きく異なります。
しかし、部屋単位で料金が設定されていることが多い海外では、1人で
泊まっても2人で泊まっても料金は大差ないか、同額ということが多く、
2人で一部屋をシェアすれば、日本よりずいぶん割安に感じられることも
あります。

日本は47都道府県、どこに行っても津々浦々に観光名所があります。
世界的に見ればそれは驚くべきことで、日本は実は膨大な観光資源を
秘めている国なのです。
しかも、日本にはあらゆる町にご当地グルメや名物があります。
もちろん海外にもその地域にしかないご当地グルメや名物がありますが、
日本ほどに細分化された単位で存在しているわけではないことが
ほとんどです。


どうだったでしょうか? 海外に旅行する機会がありましたら、
ぜひ確認して見たいですね... そして、あらためて日本の良さも実感
出来るのではないでしょうか?




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】




posted by しんた at 09:02| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

食べ過ぎると危険かも?

これだと決め付けてはいけないとは思いますが、ファストフードや
インスタント食品、ジャンクフードが健康面で好ましくないと言われて
います。

それに対して、健康思考が進む中、栄養豊富で健康に良いという食品が、
いろいろなメディアでよく紹介されています。

そんな健康に良い食品でも、食べ過ぎると「危険食品」となってしまうと
いう、注意しなければならない食品が数多くあるようですので、
あるサイトより引用して紹介したいと思います。

先ずは、「食べ過ぎると危険な食品をランキング」を最初にお見せして、
そのあとにその理由を紹介したいと思います。


【食べ過ぎると危険な食品をランキング】

1. 高濃度茶カテキン

2. 納豆

3. フルーツグラノーラ

4. コンビニやスーパーのサラダ

5. 弁当屋チェーンのお弁当

6. えごま油

7. アマニ油

8. 青魚、特にサンマとサバ

9. ジュースクレンズ

10. グリーンスムージー

11. スーパーフード

12. アサイーボウル


どうでしょうか?

このランキングを見て、意外な食べ物がたくさんランキングしていると
感じませんか?

実は、僕も健康のためにと積極的に摂っている食べ物がランキングされて
います。

では、なぜ食べ過ぎると危険なのか、1位から順に紹介したいと思います。

高濃度の茶カテキン飲料は海外では危険食物と指摘されています。
摂取しすぎると肝機能を低下させるという報告があり、カナダでは肝障害が
懸念され販売中止になっています。米国では高濃度茶カテキンを含む食材には
注意書きが義務づけられています。

納豆にはセレンという成分が含まれています。セレンは老化を防ぐ抗酸化作用
がありますが、多く取りすぎると吐き気や嘔吐、酷いと肝機能不全などの
中毒症状を引き起こすことがあります。

また、納豆は高タンパクなため腎臓に負担をかけるほか、プリン体も比較的
多く含まれています。

一日1パック程度なら問題ありませんが、体質や健康状態によっては注意が
必要です。

フルーツグラノーラは、サクッとした食感を出すために使われる
水素添加植物油には、過酸化脂質やトランス脂肪酸、有害性が指摘される
ジヒドロ型ビタミンK1が含まれているため、動脈硬化や脳出血などの原因に
なります。
さらに、使われるドライフルーツはそもそもビタミンCが壊れているので、
摂取しても意味がありません。
そして、果物に含まれる果糖は肝臓で直接代謝されるので、大量摂取は
肝機能障害の原因になります。
また、果糖などの糖分は体内のタンパク質と結びつき、『糖化』と呼ばれる
現象を起こします。
その結果、肌のくすみやシワ、抜け毛や白髪などの老化が進みます。

コンビニやスーパーのサラダ類は塩素消毒されて栄養素は抜けています。
さらに、ドレッシングにはオメガ6系脂肪酸や果糖ぶどう糖液糖が多く
含まれているので、サラダなのに肥満を招きます。

工場生産されるコンビニ弁当は食品表示が義務づけられていますが、
対面販売が可能な弁当屋は表示が義務づけられていません。
よって、食材の生産地や添加物を表記しなくていいため、何が使われているか
分かりません。

コンビニ弁当のほうが添加物は少なく、生産地もちゃんとしているものが
多いです。

えごま油やアマニ油などの植物油には、雑多な油が含まれていて、血管の
内壁に油が付着して血の流れが滞ることがあります。これは、いわゆる
動脈硬化であり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。
心臓も同様に、狭心症や心筋梗塞のリスクが高まります。

このリスクは、青魚にもあり、特にサンマやサバなどの青魚は脂肪分が多く、
サンマは100gあたり24.6gが脂肪です。秋に毎日食べると血管はドロドロに
なります。
40代は血管の自浄作用が衰えてきているので、オイルも青魚も週1回がよい
でしょう。

ジュースクレンズやグリーンスムージーは、液状で飲むので果物の糖分の
吸収率が上がり、体内の糖化を招いてしまいます。

チアシードなどのスーパーフードは、栄養豊富な自然食品として人気ですが、
食事の代わりにこれだけを取るのは危険です。
タンパク質や脂質が取れず、栄養不足になりがちになります。
体重が落ちても、それはやつれただけ。脂肪ではなく筋肉が減っているので、
見た目は痩せても隠れ肥満になるケースも多いのです。

アサイーボウルは、アサイー以外の食材に糖質になる材料が多く含まれ
大量摂取という点で危険です。


以上ですが、これに関連して調べて見ると、僕の大好きなギンナンも
食べすぎは良くないことがわかりました。

もし、ギンナンを食べ過ぎて中毒になった場合、食後12時間以内に腹痛が
おき、嘔吐、下痢、めまいなどの症状が出ることがあるそうです。
酷いときには倒れてしまい、呼吸困難、不整脈、痙攣などの症状をおこし、
最悪死に至るケースもあるというのです。

ギンナンには「チルビリドキシ」という物質が含まれており、ビタミンB6の
働きを邪魔するという性質があるため、ビタミンB6の欠乏となり神経伝達に
害をもたらし、中枢神経が異常を起こし、痙攣や呼吸困難などの症状が
起きます。

では、何個くらいの銀杏を食べてしまうと症状が起きるのか?

実は成人であれば40〜50個以上の銀杏が危険とされています。

これを知って、安心しました... 流石にそんな大量には食べませんから

ただ、子供の場合7粒以上は危険とされています。
成人するまでは、子供の年齢以下の個数に抑えておくぐらいが無難です。




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】

posted by しんた at 09:22| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

秋田犬

平昌五輪フィギュアスケート女子で金メダルのアリーナ・ザギトワ(15)が
ご褒美に秋田犬を希望していることをニュースで知りました。

ニュースによると、いま海外(とくにヨーロッパや米国)で秋田犬の人気が
高いそうで、日本より海外で飼われる秋田犬の方が多いとか...

秋田犬が海外で人気のきっかけとなったのは、リチャード・ギア主演の
忠犬ハチ公を描いた映画「HACHI 約束の犬」だそうで、ロシアの
プーチン大統領も飼っているそうです。

今回のニュースで気になったのが、このニュースそのものの内容ではなく
アナウンサーが言った「秋田犬」という言葉です。

僕は、「秋田犬」を『あきたけん』と発音します。

しかしテレビでは、少なくとも僕が確認したアナウンサー全ての発音が
「あきたいぬ」だったのです。

そういえば、以前も同じような経験をしたことがありました。

それは、「松坂牛」を『まつざかぎゅう』でなく『まつざかうし』と発音
していることでした。

これらは、僕自身が誤っていままで使って来たのか? 気になって調べて
みました。

まず、秋田犬から...

NHKのサイト(NHK放送文化研究所)にこんな説明がありました。

「秋田犬」は地元では伝統的に『あきたいぬ』と呼ばれています。そして
「秋田犬保存会」(大館市)も『あきたいぬ・ほぞんかい』です。

NHKが平成2年(1990年)2月に首都圏在住の16歳以上の男女を対象に行った
調査では、「秋田犬」を『あきたけん』と読むと答えた人は全体の95%も
いました。

このため、NHK放送では、従来の『あきたいぬ』という読みに加えて
『あきたけん』と読んでもよいことにしました。

このように、伝統的な呼称と一般の慣用や定着度を考慮したうえで、
NHK放送では以下のように読むことにしています。

・『○○いぬ』と読むもの
 しば犬

・『○○けん』と読むもの
 甲斐犬、紀州犬、北海道犬、カラフト犬

・両方の読みをするもの
 秋田犬:あきたいぬ、あきたけん
 土佐犬:とさいぬ、とさけん

なお、NHKのサイトでは「しば犬」と並んで[×柴犬]となっていました。
この×が意味するところが分かりませんでしたが、Wikipedia では、
柴犬(しばいぬ)となっていましたので、「柴犬」は『しばいぬ』と
読むと判断してよいと思います。


さて次は、松阪牛です。

三重県庁の農水商工部によれば、「松阪牛」については本来、
いろいろな名前があったなかで、三重ブランドとして『まつさかうし』を
メインで呼ぶことに決めたそうです。

また、生産地域ではもともと『まつさかうし』という呼び方をしており、
登録商標は、松阪肉は『まつさかにく』、松阪牛は『まつさかうし』と
なっています。

ただ、こちらも秋田犬と同様に、どちらが正しいとか、間違いという
ことはないようです。

ちなみに、同じブランド牛でも、

・「米沢牛」は『よねざわぎゅう』(米沢牛銘柄推進協議会HPより)
・「前沢牛」は『まえさわぎゅう』(前沢牛協会HPより)
・「信州牛」は『しんしゅうぎゅう』(信州牛生産販売協議会HPより)

となっています。


さて、皆さんは秋田犬や松阪牛を何と発音していますか?




【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】




posted by しんた at 09:10| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

キャラクターのネタ

おそらく知らない人はいないと思いますが...

世界中で愛されるキャラクターについてのネタが今回のお話。


先ずは、日本で生まれの代表的なキャラクターといえば、サンリオの
「ハローキティ」ですね...

世界中の女性を虜にしているキティちゃん、マライア・キャリー、
キャメロン・ディアス、ブリトニー・スピアーズ、レディー・ガガ、
ヒルトン姉妹、チャン・ツィイーなど、海外セレブや著名人にも多くの
熱狂的なファンがいることでも有名です。

さて、そのキティちゃんですが、なぜキティちゃんには口が描かれていない
のでしょう?

その理由は、『やさしさや思いやりは口(言葉)で言うだけではなく、
態度で示しましょう!』というメッセージが込められているのだそうです。

困っている人には、相手の気持ちになって自ら進んで手を差し伸べて助けて
あげることが必要だと、キティちゃんは私たちにそっと教えてくれて
いるのです。

キティちゃんの生みの親であるサンリオは1960年の創業以来、悲しいとき、
苦しいとき、楽しいとき、どんなときも、心から話し合えるひとがいる幸せを、
ひとりでも多くの人に感じてもらいたいと願い、「Small Gift Big Smile」の
考え方を基本にした、心を贈り、心を伝える『ギフト』の企業理念があります。

そのギフトから生まれたのが、サンリオのキャラクターたちで、その代表的な
存在としてハローキティがいて、人々の心と心のふれあいを大切にした友情の
メッセンジャーとして、『なかよく』のメッセージを伝え続けています。

また、サンリオの担当デザイナーは「口を描くことによって、キティは固まって
しまう。口を描くことで、語りかけてくれなくなる。無表情だけど、
何かを語りかけてくれる顔。それこそが、見ている人にとって癒やしになる。
怒っているとか、笑っているとか、泣いているとか、キティは相手に感情を
押しつけない。空気のようにそこで見ていてくれる。それがずっと一緒に
いられる秘密なんじゃないかしら」と話しています。

なるほど... 奥が深いですね・・・


次に、オランダ生まれのミッフィーちゃんです。
世界で最も有名な白ウサギの女の子です。彼女の特徴は「×(バッテン)」の
お口。

あのバッテンは、口だけではなく、口と鼻の両方を表現しているのだそうです。

「シンプルに描く」ということを大切にしているディック・ブルーナさんは、
うさぎの顔をシンプルに表現するのに、目をくるくるっとした丸で、鼻と口を
バッテンで表したのです。

それに、バッテンを分けると口が「∧」、鼻の「∨」になりますが、そうすると
「への字口」に見え、かわいさが半減してしまうこともあります。

そして、お父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃんはバッテンにさらに
1本が加わり「*」のようになります。これは年齢をあらわす、いわゆる「シワ」
なんです。


そして、最後に紹介するのは、世界的に有名で人気のある「ミッキーマウス」。

誕生したのは1928年11月18日で、既に平均寿命を遥かに超えたお爺さんです。

皆さんも既に気づいていると思いますが、ミッキーは手の指が「4本」だという
こと...

そもそもミッキーは人ではないので、5本指でなくても問題ないのですが、
実は、4本指にせざるを得ない理由があったのです。

当時、ミッキーを主人公としたアニメを作成したところ、指を5本に設定すると、
映像が未熟だったために指が「6本」に見えてしまったのです。

当時はまだまだ技術が未熟で、映像は粗く、どうしても残像が残ってしまう
のです。
そのため指が6本に見えてしまい、これは気味が悪いということで、妥協案として
指4本を採用したというのです。

そして、4本指にしたもうひとつの理由が、指を5本にすると、キャラクターの
体系に合わないスラッとした指になってしまい、バランスが悪くなります。
あのボテっとした不格好な愛らしい手こそが、ミッキーにはピッタリなのです。


このように、よく見ると『あれ?』と感じることも、それぞれ深い意味があって、
生まれてきているのですね・・・





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】

posted by しんた at 09:22| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

漢字トリビア

今回は、漢字のお話です。

以前、ネットで結構話題となった漢字トリビアです。

どうも、話題のきっかけは『親を切ると書いてなぜ「親切」』北嶋廣敏著
(リイド文庫)という本のようです。

この本、創刊はいつか分かりませんが、2011年2月には発行
されているようです。ですから、すでに 7年前には読まれた方がいるという
ことです。

この本のタイトルのように、普段、日常的に使っている二字漢字が、
あらためて見直すと、なんでこの漢字が使われるの?と不思議に思うものが
たくさんあることに気づきます。

具体的には...

・ 「欠伸」伸びを欠くのがなぜ「あくび」?
・ 「帰省」帰るの省くってこと?
・ 「口裏」って、どこのこと?
・ 「青春」って、なぜ「青い春」なのか?
・ 「消息」息が消えるとは?
・ 「親切」他人に優しくすることを「親を切る」と書くのか?
・ 「転嫁」はなぜ「嫁が転ぶ」と書く?
・ 「敗北」東や西に逃げてもなぜ「敗北」なのか?
・ 「饅頭」頭とどんな関係があるのか?
・ 「無心」あつかましく金品をねだることがどうして「無心」なのか?
・ 「油断」油断した結果、油を断ってしまったという意味なのか?
・ 「羊羹」は羊と関係があるの?
・ 「落第」第から落ちる…その「第」とは?
・ 「腕白」は子供は腕が白い?
・ 「魚介」はなぜ、「魚貝」ではダメなのか?
・ 「弱冠」弱い冠って何?


などなど、本当に不思議です。

このような不思議な二字漢字に興味を持った方は、いま紹介して
いる本をアマゾンなどで購入されると良いと思います。

ここでは、この本の中から一部の記事を抜粋して紹介したいと思います。


先ずは、本のタイトルにある「親切」から...

・ 「親切」
親切の『切』は、切るという意味ではない。『切に望む』といった
言い方をする。その『切に』は、どうしてもと強く思う様子を表わした
副詞で、心から、心底からという意味である。親切の『切』もそれと
同じような意味であり、親しさ、思いやりの程度が激しいことを
表わしている

・ 「帰省」
故郷に帰って、父母を省みる。親の安否をうかがう。それが『帰省』の
本来の意味である。単に故郷に帰るだけでは『帰省』とはいえないの
である

・ 「青春」
『青春』という言葉は、中国古代の思想である陰陽五行説からきている。
陰陽五行説では、春・夏・土用・秋・冬の五つの季節に、青・赤・黄・
白・黒の五つの色が対応している。すなわち『春』は『青』色であり、
だから『青春』である。夏を表す『朱夏』(赤→朱)、秋を表す『白秋』、
冬を表す『玄冬』(黒→玄)という言葉もそこからきている

・ 「消息」
『息』には生きている、生きながらえているという意味がある。消息の
『息』は、その意味で、『消』は消える(=死ぬ)ことを意味する。
『消息』とはすなわち死と生=『生き死に』(生きることと死ぬこと)の
ことで、そこから移り変わり、変化、人の動静・様子などの意味が生まれ、
また様子を人に知らせるということから手紙(たより)を意味するように
なったと考えられている

・ 「転嫁」
『嫁』という字は『女』と『家』から成り、その字源については、
『家』は祖先をまつる廟のことで、『嫁』とはその廟に仕える女性を
いうとする説がある。『嫁』は『か』と音読みし、それが同音の
『買(か)』と通じ、よめ、とつぐという意味のほかに、
『買』がもっている、売る、あきなうなどの意味をもつようになり、
さらに売りつける、なすりつけるなどの意味をもつに至る。
『転嫁』がなすりつけることを意味するのは、『嫁』にそうした
意味があるからである

・ 「無心」
『無心』は、心なきこと、心を用いないこと、相手を思いやらないことを
意味する。それらの意味が転じて、金品をねだることを意味するように
なったと思われる

・ 「油断」
仏教の経典『涅槃経』に、こんな話が載っている。ある王が家臣に油の
入った鉢をもたせ、『1滴でもこぼしたら命を断つ』と申しつけ、
その後方に刀を抜いた男を置いて監視させた。家臣は注意深くその鉢をもち、
1滴もこぼさなかった。一説に、この説話から『油断』という言葉が
できたという

・ 「腕白」
『わんぱく』は江戸時代に生まれた言葉で、その語源については二つの
説がある。一つは亭主関白などという『関白』が変化したものという説。
すなわちワンマン(権力者)を意味する『関白』がなまって『わんぱく』
になったという。もう一つは漢語の『枉惑(おうわく)』からきている
という説。枉惑は不正、道にはずれることなどを意味する。
それがなまって『わんぱく』になったという

・ 「弱冠」
その昔、中国では20歳を『弱』といい、元服して冠をつけた。『弱冠』と
いう言葉はここからでたもので、本来は20歳を指した言葉であった。
だから『弱冠18歳』とか『弱冠30歳』といった言い方は、弱冠の本来の
意味からいえば、おかしいということになる


以上です。


日本語って、実に奥が深いなぁ ... 日本語を大事にしたいですね!





【この記事は、僕のメルマガ 『しんたさんのメルマガ』 の中の「しんたのたわ言」の部分です。】





posted by しんた at 08:53| Comment(0) | しんたのたわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする